日本の梅雨・夏は
湿度の影響で、
毛穴がふさがりやすく、
体温調節がしにくくなるため、
ちょっとした気温の変化で
体調を崩しやすくなります。

そこで役に立つ助っ人が、
梅干しと梅酢。

定期的にとると、
のどが渇きにくく
体内の水分を調整してくれます。
便秘にも効果があると聞きました。

のどが乾いたら、
炭酸や冷たい飲み物、
フレッシュジュース、アイスに手を出す前に、
梅酢を水で薄めて飲んでみて下さいね。

じわっと体にしみわたり、
クエン酸の酸味が
心身共に疲労回復してくれます。

熱中症予防にもなります。
我が家では、出かけるときはいつも、梅酢。

筋肉疲労にも効き、
蚊にも刺されにくくなります!(^^)!

ごはんに梅干しをいれて炊くのも、
我が家の夏の風習。
梅干しは防腐剤替わりだけでなく、
余分な炭水化物を体外に排出してくれる働きもあります。
(消化できなかった炭水化物は脂肪として体内に蓄えられ、
熱がこもってきます。)

その他、鎮痛剤として頭痛や腹痛にも効果があります。
梅干しの香り成分ベンズアルデヒドは
匂いを嗅ぐだけでも効果があるとのこと。
こめかみに貼るだけで効くわけですね。

さらにうれしいプレゼントももりだくさん。
血液をサラサラにし、老化防止にも。
水に溶けにくいカルシウムを溶かして吸収をアップし
骨を強くし、虫歯の原因のミュータンス細菌を減らし、
最近では、ガン予防にも期待されています。

こんなに素晴らしい日本の食材。
使わないわけにはいけません。
今年の夏は炭酸飲料、アイスの代わりに梅酢を!
ごはんのお供に梅干しを!