今日から冬の土用入りです。
蓄える冬の季節から、
その蓄えたもので芽を出していく
春への移行時期。

節分前後は特に体にたまった
不要物や老廃物を出そうとする排毒現象が
強くなる時期。

クリスマス、お正月に食べて消化できていないもの、
上手に出してあげましょう。

偏ってしまった体のバランスを整える方法の一つに、
食による中和方法があります。

分解を助けてくれる食材。
例えば
肉類には
キノコ類、じゃがいも
味噌やショウガ、パセリや大根おろしを
添えて食べると分解を助けてくれます。

鶏肉には
玉ねぎ、ねぎ、レモン、大場、トマトなど。
味噌などの発酵食品もお勧めです。

甲殻類には
レモン汁、玉ねぎ、生姜汁

貝類は、
ねぎ、わさび、おおば、かいわれ大根、酢など

青魚には
大根おろし、生姜、かいわれ大根、
レモン、みかんなどのかんきつ類、

赤身魚には
わさび、みょうが、大根、

おもちには
りんごがお勧め。

砂糖の中和には、
黒豆や漬物、醤油や海藻。

特に驚くような組み合わせはありませんよね。
昔から東洋、西洋で食されてきた方法ばかりです。

体調を壊しやすい土用の時期、
自分の体の小さな変化を観察し
自分の軸を作っていきましょう!