内から外から温めよう![冷え症対策1]

今日は入梅(にゅうばい)。
いよいよ梅雨入りです。
そして梅干しをつける時期でもありますね。

気分はもう夏にむかっていますが
この季節はまだまだ
体が冷えやすい時期です。

ヨガの教室でも
靴下2枚お履きの方、
この時期も見かけます。

冷えは万病のもと、
という言葉あるよう、
クーラーや除湿があちらこちらで効いている
梅雨&夏の冷えには特に注意が必要です。
冷えていても気づかないことがあります。

さて、
自分の平均体温、
ご存知ですしょうか?

一般的には
36,5℃あれば理想と
言われています。

子どもたちや男性は
もう少し高めがいいです。

日本は病院でも
たいていは脇で体温をはかりますが、

これは体の外側の温度
(身体表面温度)なので
一日のうちで結構変動します。
左と右でも違ってきます。

安定しているのは
体内の温度(体内深部温度)
なのですが、困ったことに
これは測れない。

(調べたところでは表面温度より
1~2℃高めと考えていいとのこと。)

内蔵温度の平均は38~40℃だと
言われていますが
冷え症の人だと35度代
とも聞きました。

内臓温度が下がると
どうなるんでしょう?
大きく3つあります。

まず、

1.免疫力が低下します
私たちの体は、絶えずウィルスや細菌に囲まれ、
体内では毎日がん細胞が作られています。

こういったものから体を
守ってくれるのが免疫力です。

免疫細胞の70から80%が
小腸にいると言われています。

内臓温度が1度下がると
免疫力が20~30%
も落ちると言われています。

年をとると、体温が低くなりがちです。
なので、自然と病気にもかかりやすくなります。

特にがん細胞は、
低体温が大好き。

さらに甘いものも大好き。
体を冷やす甘いものには注意が必要です。

2.基礎代謝も落ちます。

内蔵温度が1度下がると
代謝は約15~20%下がると言われています。

基礎代謝が落ちると
体中に食べ物の燃えカスがたまり、
それがまた血液の中をめぐってしまいます。

3.体内酵素の働きが鈍る
体温が一度下がるだけで50%も下がるとも言われています。

<体温を上げる方法>

では、体温を日ごろから上げるのには
どうしたらいいのでしょうか?

それはとても簡単。
でも、簡単すぎて続かない!?

体を温める

夏はクーラー対策のため、
一枚薄手のものをいつも持参する。
手首足首を冷やさない。

運動をする:

一日一回は体温を上げ、筋肉をつけると
体温をキープしてくれます。
運動で内側からあたため、
寒さに強い体を日ごろから作っておきます。

食で温める:
東洋医学的に言うと、
陽性の体を温めるものをとる。
アイスクリームや冷たい飲み物はとらない。
きゅうりやトマトといった体温を
上手に逃がしてくれる食材を選ぶ。

葛や寒天は体温調節してくれる
お勧めの食材。

自然の外用手当を利用する:

肝臓と腸にこんにゃく湿布、
腸に生姜湿布など。

ちょっとした毎日の心がけで
体の状態はずいぶんと変わってきます。

具体的な食べ物、運動の仕方、外用手当の仕方は
またヨガの時間に。

<宝塚ヨガ>
8月12日(日)
10:00~11:00 am

<第3回脳HOW>
ストレスー男女の脳
8月4日(土)
10:30~11:50am

<第3回脳HOW in 横浜>
ストレスー男女の脳
8月4日(土)
10:30~11:50am

関連記事

  1. ヨガと食でこむら返りを予防する

  2. 満月の日 自分に帰る ヨガ in 鎌倉

  3. 暑い時ほどヨガと瞑想![瞑想を日常に取り入れてみる]

  4. 鎌倉ヨガ [ 鎌倉野菜 を求めて ]

  5. 日本の夏を乗り切る体づくり [食事から体をつくる]

  6. 自分という牢獄

アーカイブ

  1. 2019.04.15

    スプーン一杯、朝のごま油で人生が変わる?!食べる、つける…

  2. 2019.04.08

    怒りにも種類がある!?5つの分類、見分け方、対処法。

  3. 2019.04.01

    怒りにも種類がある。その見分け方を身につけてストレスとも…

  4. 2019.03.26

    怒って怒って、怒りながら自己啓発!

  5. 2019.03.18

    お酢で肝臓手当 [体のデトックスをアップさせる酢の効力と…

  1. 2019.02.04

    第5回 脳HOW 腸=脳=心

  2. 2018.12.22

    「ママのための勉強会 in 東京

  3. 2018.10.25

    ママカフェ in 横浜

  4. 2018.09.19

    2018年アートセラピーワークショップ in 大阪

  5. 2018.08.31

    ママのための勉強会 no.2

2019年4月
« 3月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930