免疫力を上げる交流術

こちらをもう一度クリックして下さい。
      ↓
免疫力を上げる交流術

「ほめて育てる」が主流の現代。
いかに叱らずほめて本人のやる気を出していくかが
近年、企業や子育てフィールドで注目されてきました。

でも、教育には「叱る」ことも大切!
叱られることで「成長」が早く促され
逆境にも強い心を持つことが出来る、
という反論も多々。

どちらの立場の主張も納得いく節はありますが
今日お話しする研究を見てみると、
考え深いものがあります。

<言葉が体温に影響する?>

テキサス大学医学部と
ヒューストン大学ソーシャルワーク科の共同研究です。
プラスの言葉がけが体の表面温度を上げる
ことが分かりました。(※1)

この実験では、
17~35歳、白人系、黒人系アメリカ人を対象に
30人の面接を行いました。

15人被験者(女性8名、男性7名)グループと
15人コントロールグループ(女性9名、男性6名)に分けられ
学校のこと、趣味のこと、服の趣味など同じ質問をします。

そして最初のグループには
プラスの言葉を、

2つ目のグループには
とくに興味のない反応で
面接が進められました。

どの被験者もリラックスして
実験に参加できるように
綿密に場面設定をしていました。

15分間、面接前のリラックス時間を設けたり
部屋の温度を一定に(25度)したり、
部屋は明るくし、
手のついた椅子を用意しました。

結果は歴然でした。
コントロールグループ(反応をあげないグループ)は
わずか平均0,1℃上昇したのに対しプラスの言葉かけをしたグループは
1.1℃も表面温度が上がるという結果。

体温が下がれば、血流が悪くなり、
栄養も運ばれず、脳の働きも低下します。

免疫も落ち、自律神経のバランスも崩れ、
感情もアンバランスになります。
(自律神経は感情と深い関係があります。)

新陳代謝が悪くなり
老化も進みます。

一説によると
体温が1℃下がると免疫力が37%落ちる、
という話があります(※2)
体内の酵素の働きも半分に落ち
ガンのリスクが高くなります
(ガンは低体温が好き)

免疫力が低下すると最近やウィルスから
体を守れなくなり、病気の素床を作ってしまいます。

プラスの言葉かけは
心も体も温めてくれる
心身ともに健康にする
妙薬と言えるかもしれません。

だからといって
プラスばかりのストロークは考え物です。

例えば、
心のこもっていない
「まがいもの」のプラスの言葉は

逆に不信感を持たれ、状況を悪くします。
大切なのは心のこもった言葉かけ

<感情と体温の関係>

この実験で興味を引いたのは男女の差でした。
女性の被験者は8人中7人。
コントロールグループでは7人中3人の体温が上昇。

男性の被験者よりも
女性の被験者の多くが体温上昇をみられました。

この結果に対して、研究グループは
女性は男性よりも感情的に反応したためかもしれない、
と推論していました。

皮膚の温度が感情と対応していることは
過去の実験で明らかになってきています。

不安、恐れ、葛藤があると
表面温度は低くなる傾向があり、

心地よさ、リラックス、安心感は血流をあげ、
表面温度が上がります。(※2)

女性には特にプラスの言葉かけが
大切なのかもしれません。

プラスの関係が
心と体にどれだけ大きな影響を与えるか
研究した実験は過去にも実証されてきました。
(Spitz,R.,1945, Harlow, H.,1958)

成長が遅れたり、心身に不調が現れたり、
仲間との関係が築けなかったり。

どんな美味しい食事よりも、プラスの言葉が
心と体の健康を左右するようです。

<大切なのはバランス>

けれども、プラスの世界だけで生きていては
小さな批評や失敗にたいしての耐性が低くなり

ともすれば
立ち直るのに時間がかかることもあります。

かといって叱られてばかりだと
他人や大人の目を気にして
褒められることだけをする「いい子」になってしまいます。

叱られることで注目を得ようとたり
他人に依存的な生き方になってしまうなど。

「かわいい子は、
五つ教えて三つ褒め、
二つしかってよき人とせよ」というのは
江戸時代の思想家、二宮尊徳の有名な言葉。

大切なのはそのバランスです。

<誉めるコツ・叱るコツ>

誉めるにも叱るにもちょっとしたコツが必要です。
心理学的な観点からまとめてみました。

誉めるコツ

・本心で誉める

・具体的に誉める

・何度も誉めない

・喜びを分かち合う(共に歩む)

叱るコツ

・短く、ポイントをはずさない

・自分の価値観を押し付けない

・人格そのものを否定しない

・叱ると怒るは違うことを理解しておく
(主体は相手。感情的にならない。)

・他人と比較しない

<大切な根っこの部分>

人を育てることは
植物を育てるのと似ています。

いい土壌(愛情とゆるぎない信頼関係)があり、
そこで暖かい太陽と水
(プラスの言葉や態度)を受けながら

たまに台風や災害
(意味ある「叱られ」体験)を経験して
はじめて「自律した心」が育っていく。

まずはいい土壌づくりをすること。
そこでしっかりとした根っこを作り
心の通じた信頼関係

そして
ちょうどいい水と太陽
(バランスのいい+と-の心の栄養)。
(水は多すぎても少なすぎても植物の命を奪う)
人を信頼する力が人間力に繋がります。

土の状態はどうか?
水は足りているか?
栄養はどうか?

誉めるか、叱るか、の前に
この根っこの部分を育てることが大切です。

この根っこの部分=基本的信頼がないと
どんなに誉めてもうまく育ちません。

逆にこの根っこがしっかりしていると
叱りすぎても大丈夫。
自分の力で起き上がって来れます。

自分の根っこはどうだろう?
子どもたち、パートオナー、友人の根っこはどうだろう?
この機会に一度立ち止まって見てみましょう。
明日からの人間関係が変わってくるかも知れません。

ワークショップのお知らせです。

※横浜でも「ママのための勉強会」を開きます。12月7日(金)10:00~11:00

ママカフェ in 横浜

※次回、武蔵野市での「ママのための勉強会」は11月22日(木)10:00~11:30

ママのための勉強会 no.2

※次回の脳と心の勉強会「脳HOW」は12月27日(木)10:30~12:00
  「子どもでもわかるやさしい自律神経のはなし」です。
   http://vine-art.com/archives/1548

※1 Pinsker, J. E. & Russell, L. H. (1978). The Effect of Positive Verbal Strokes on Fingertip Skin Temperature: Objective Measurement of Interpersonal Interaction. Transactional Analysis Journal, 8:4, 306-309.

※2 Mittelman, B. & Wolff, H.G. Affective states and skin temperature: Experimental study of subjects with “cold hands” and Raynauds Syndrome. Psychosomatic Medicine, 1939, 1, 271-292.

※3 「体温を上げると健康になる」(2009)斉藤真嗣著 サンマーク出版

関連記事

  1. 自閉症スペクトラム障害(ASD)にはアートセラピーが有効的!…

  2. 赤のアートセラピー in 大阪

  3. 半日断食 no.23. [心編]

  4. コミュニケーションは自律神経を通して体温に影響する

  5. 2018年アートセラピーワークショップ in 大阪

  6. 半日断食. 22. [心編]

アーカイブ

  1. 2018.12.10

    咳を止めるにはレンコンの効用を生かす

  2. 2018.12.05

    薬膳料理教室~レンコン編

  3. 2018.11.30

    ヨガの基本84ポーズ. 続けると得られる効果は?

  4. 2018.11.26

    免疫力を上げる交流術 その2

  5. 2018.11.20

    免疫力を上げる交流術

  1. 2018.10.25

    ママカフェ in 横浜

  2. 2018.09.19

    2018年アートセラピーワークショップ in 大阪

  3. 2018.08.31

    ママのための勉強会 no.2

  4. 2018.08.31

    脳と心の勉強会ー第4回脳HOW

  5. 2018.07.05

    この夏、女性のための勉強会が始まります!

2018年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31