ジリジリと照りつける夏の太陽、
気圧の変化や湿度、
さらに熱帯夜。
クーラーとの温度差。
こんな毎日が続くと
不眠、頭痛、下痢、便秘、冷え症、自律神経の乱れ、
身体へのダメージはもちろん、
心の方へのダメージも大きくなる時期です。

実際、うつ病や自律失調症などの
心の不調がとても多い季節。

私たちの集中力は奪われ
気力もなくなり、
心萎えてきます。

こんな時、
心の活気を維持したり取り戻したりするには、
ほんの数分、
自分の心と向かい合う
「瞑想」が効果的です。

なんだ、それだけか、
と思った方。
1日たった5分の瞑想が
夏の過ごし方、さらに1年、
そして人生をも変えてくれます。
トライしてみて下さい。

実際、瞑想を定期的にしていた人は
そうでない人に比べ
脳の中の「扁桃体」が
(不安や危険を感じるとストレスホルモンを出す部分)
小さくなっていたとの報告があります。

その他、瞑想は老化を遅らせることもできるとか。
瞑想とヨガのすばらしい効果の
ニューロサイエンス研究報告
ご興味ある方はこちらを(英語)

https://ed.ted.com/on/7NuhDf6A

友達と話しながら夕食のメニューを考えていたり。
食事しながら昨日の嫌な出来事を思い出していたり。
電話しながら爪切っていたり!?
貧乏ゆすり。不必要に笑ったり。
心当たりありませんか?

もしあれば、
ストップウォッチを3分セットし、
目を閉じてみましょう。

背筋を伸ばし、
深呼吸し。鼻の鼻孔を通る空気だけに集中します。

「今、自分の心は楽しく喜んでいるのか」
問いかけてみましょう。

快なのか不快を感じているか
体の内側はどんな感じか。

すみずみまでチェックし、
暑さやクーラーで鈍くなった
心身の感覚をもう一度取り戻しましょう。

今に集中できていない心は、
浮遊する魂のようなもの。

今の心の状態は、
私たちの「行動」によく現れます。

小さな心身の変化をキャッチできるみずみずしい感受性、
若さと健康を保つ必須アイテムです。
瞑想で自分の中心をもう一度取り直して、
夏を快適に!
次回は私たちの心の癖についての話です。