日常でストレスを感じた時、
私たちはそれに対し
無意識的に3つの方法で反応します。

・身体的反応
・心理的反応
・行動的反応

今日は、ストレスを感じた時に気づく
自分の心の反応をチェックしてみましょう。
まずは、直観でチェックしてみて下さい。

□ ストレスフルな出来事をずっと考えてしまう。捕らわれてしまう
□ 起こるかもしれない最悪の結果に捕らわれる(~になったらどうしよう)
□ 必要以上に事態を悪く考える。極端に結論を急ぐ
□ 過度に心配する、不安になる
□ イライラする
□ 後悔、くよくよする
□ 優柔不断
□ 死について良く考える
□ 無力感を感じる
□ 笑えない
□ 今の自分の問題を他者に話せない
□ ストレスを感じる出来事に関する考えが次々にでてきて、考えをめぐらせる
□ 日常生活が手につかなく、注意散漫、集中できない
□ 出来事に圧倒され、ぼーっとしてしまう
□ 物忘れ
□ 感情が支配する(よく泣く、ちょっとしたことで怒りやすい、リラックスできない、焦燥感、イライラ、不安、自信がない、抑うつ、孤独感、些細なことに驚く、圧倒された感じがする、あれこれ悩む、など。)

さらに、自分の反応パターンから
ストレスのレベルを把握しておくと便利です。

イライラしてきたら、ストレスレベル1
笑顔がすくなくなってきたら、ストレスレベル2
不安で安眠できない日が続いたら、ストレスパンパン!

そして、ストレスを減らす
自分なりの方法を考え、実行してみる。

レベル1:歌を歌う、運動する。無心になれる何かをする。
レベル2:いつもと違うことをする(一日読書、映画館へ行く、走る)
レベル3:温泉旅行へ行く。海外へ行く。ヨガの逆立ちポーズをする。

まずは、気づくことから始まります。
意外にストレスがたまっていることに気づかない。
心も毎日のメンテナンスが大切です。
意識的生活が人生を変えます。