Yoga Vine では3つのクラスを体験していただけます
ヨガのスケジュールはこちらから↓

yoga vine schedule

1.ヨガセラピー

セラピーヨガは、ゆっくりとした動きの中で、体の一つ一つの部位、心の動きを観察し、カラダとココロへの感受性を高め、病気の予防、免疫力の維持、治療後の予防、妊娠前、出産後の体調、心身症やケガ、体のあらゆる痛みを予防するヨガの一つです。

日常生活の仕方、季節ごとのカラダの管理、食べ物のコントロール、ココロのケアーなど総合的なバランスを取りながらクラスを進めていきます。

2.チャクラ・ビューティーヨガ

本当の美しさは内にあります。

このクラスでは、体のエネルギーポイントである7つのチャクラに焦点を当て、体を開放し、体の内側から排毒を促しすインナービューティーをめざします。アサナと呼吸法、瞑想を使って女性ホルモンを整え、健康な皮膚、骨、筋肉、内蔵、若くみずみずしい細胞、そして健やかでバランスの取れたカラダとココロを作っていきます。思いっきり自分を解放できた時、カラダだけでなくココロも「自分らしい美しさ」を再発見することができます。

3.ハタヨガクラス

体のバランス力と排毒力を高めるクラスです。左右の方より(脳も含めて)、リンパの根づまりを取り、血液循環と血液の質を向上させ、内側から本来のあるべき心身を作るのがこのクラスのテーマです。Asana=ヨガのポーズや呼吸法をしながら、カラダの左右を調整し背骨を強化。健全な体(神経と脳)、心と精神のバランスを取り戻すヨガクラスです。

ハタヨガとは?

サンスクリット語で、「ha=ハ」は太陽、「tha=タ」は月を意味します。また「ha」は「陽」「tha」は「陰」も意味し、カラダの右左、表裏、静動、明暗など、宇宙にあるすべての存在「陰」と「陽」を表します。こ
どんな人も長く生きていると体内にはいろいろたまってきます。カラダから老廃物をだし、過不足(過食、拒食、偏食など食欲トラブル、睡眠トラブル、消化不良、エネルギー不足など)悪い循環から抜け出しましょう!

ハタヨガの利点

1.リンパ系の活性化、免疫システムを働かせる
2.カラダとココロのリラックス
3.健康維持(内臓、背骨、筋肉組織の強化、柔軟、バランス)
4.すべてのバランス(カラダ、ココロ、日常生活)

1日3分!ヨガで体が変わる!

血液循環アップ!もう冷えない!凝らない!むくまない!:Vyaghrasana(Tiger Pose)- ヴィグラーサナ(虎のポーズ)

 

previous arrow
next arrow
Slider

<効果>
背骨全体と坐骨神経を緩め坐骨神経痛を和らげます。股関節を緩め、腹筋を伸ばしまた圧力をかけることで消化機能が上昇し、血液循環を良くします。特に女性の生殖器を整えるので出産後の女性に効果的なアサナです。またインナーマッスル(体幹)を鍛え、太ももを引き締め体重を落としてくれます。呼吸と合わせてゆっくり正確に行うことで高い効果が得られます。

<方法>
1.マージャリアサナの初めのポジション(よつんば)で前方を見てリラックス

2.息を吸いながら:右足を後ろに伸ばす。下腹でバランスを取りつつ、腰が反らないように。太ももを背中と同じ高さに。全身を長く伸ばす。

3.さらに右足を天井へ曲げ、顔は少し上向き、このポジションで数秒間息を止める

4.息を吐きながら:右足をまっすぐ後方へ伸ばし、ひざを曲げ

5.同時にアゴを胸に近づけ、ひざを鼻近くへともっていく。太ももをできるだけ胸に近づける。息を数秒間止める

1~5を左右それぞれ5~10回行う

肩こり、腰痛には:Marjari-Asana(Cat Pose)-マージャリアサナ(猫の伸びのポーズ))
previous arrow
next arrow
PlayPause
Slider

 

previous arrow
next arrow
PlayPause
Slider

「マルジャリアサナ」は、その名の通り、猫のように背中を反らしたり、丸めたりするポーズです。ヨガで大切な呼吸を意識して、背中を反らすときに息を吸い、丸めるときに息を吐きます。

猫をイメージして、ゆっくりと大きな動作で、一呼吸一動作を意識して行うと非常に効果の高いポーズ。簡単な動作の繰り返しなのでヨガ初心者も行いやすいです。

効果:

腕、首、肩、腰、背骨全体の柔軟性、
骨盤調整、腰回りの血行、腰の強化、
女性の生理的機能を整える(生理痛、生理不順など)
妊娠期間中も安全に行えるポーズ。
ただしおなかを締め付けすぎないこと。

方法:

個のアサナにはたくさんのバリエーションがありますが、
ここではベーシックな方法をお伝えします。

1.基本の姿勢を作る:四つん這いになる
肩の下に手首、腰のしたに膝がくるように。腕と太ももが床に垂直に。背中はフラットな状態。手のひらはしっかり開く。かかとを立て、つま先を床に。

2.息を吸いながら反り返る
手で床を押し、おなか下に沈ませ、おしりを天井方向へ。背中にくぼみができるまで背中を反らす。目線は天井。おなか、胸、のどをのばす。

3.3秒息を止める

4.息を吐きながら背中を丸める
足の甲を床に下ろし、指先だけを床に着け、肩甲骨を天井へと引き上げる。あごは胸に、目線はおへそ。両手で床を押して首、背中、腰を伸ばす。

吸う息、吐く息共に5秒ほどかけてゆっくりと行います。それぞれ5~10セット