赤血球が入れ替わるのに約3、4月かかると言われています。
つまり、私たちの体は3,4か月で変化するということ。
夏の暑さに負けない体作りには「立夏」から始めると理想的です。

「え?!そう言われても、もう7月じゃない」と思った方。
今からでも遅くはありません。
ポイントは、熱をこもらせないこと・冷えすぎないこと。

上手に体温調節ができたら
残暑も少し楽に、そして何より
秋冬を元気に過ごすことができます。
(秋は第2の排毒時期でもあります。)

お勧めは

①一日一回は汗をかくこと
  簡単なストレッチ、呼吸法、散歩や半身浴でもOK。
  毛穴を思いっきり広げましょう!

②体を冷やさない
  クーラーはもちろん、「除湿」も気を付けて。
  知らない間に手足が冷たくなっていないか、こまめにチェック。

  特に内臓の冷えは気づきにくい(冷え切った内臓のお手当はまたの機会に)。
  体温の理想は36,6度と言われています。
  体の温度を急激に下げる冷たい飲み物、アイスクリーム、カフェインには要注意。

③水分の摂りすぎに注意
  水分は体の温度を奪います。
  ここでもやっぱり梅干しが大活躍。
  のどのわきを抑える梅干し。
  熱中症対策にも使えて一石二鳥。

④ツボ押し
  息を吐きながら、ぐ~っと、
  気持ちいい痛さを感じる程度に数回押してください。

・三陰交(うちくるぶしから自分の指四本分上)・・・むくみや女性の疾患に強い効果があります。女性にとって大切な肝臓・脾臓・腎臓を整えてくれます。

・足三里(膝のお皿の外側にある窪みから自分の指四本分下。圧迫すると気持ちいい部分)・・・万能のツボと呼ばれ、胃腸の働き、水分代謝、血行改善、脚のトラブル改善、熱中症、などなど。抑えていたいときは胃腸が弱っているサイン。

探せなかったら、メールやクラスで聞いてください。
毎日のコツコツメンテナンスが未来の体作りを助けます。
一緒にやってきましょう!