免疫細胞

サクラのつぼみが膨らんできましたね。

植物たちが春を今か今かと芽吹くタイミングを待っています。

植物だけでなく

人間の体も、

春になるといろんなものが芽吹いてきます。

春に向けて体も衣替え。

いらないものをどんどん出そうとします。

目や鼻がかゆい、

くしゃみ、涙、

やたら眠い

風邪をひきやすい

東洋医学では「排出」という現象

いわゆる「デトックス」ですね。

西洋的に見れば免疫力の低下

免疫細胞は外界と接触する部分に多くがいます。

外界から身を守るためです。

具体的にどこにいるかというと、

粘膜(のどや鼻)、皮膚、

そして腸です。

腸は体の中にありますが、

実は外界との境界です。

「ちくわ」のように穴が開いている状態

と考えると納得いきますね。

中だけど、外なんです。

腸や皮膚は「自分以外の菌や生物」と

接触する機会が一番多い器官です。

そして体の免疫系の7080%が

腸にあると言われています。

今、よく耳にする「腸活」の理由がここにあります。

腸内にある腸内細菌を常にいい状態にしていくことは、身体的にも精神的にも健康でいるためのキーワードです。

話はもどって、

免疫には大きく分けて2種類あります。

生まれながらにもつ自然免疫

後天的に獲得する適応免疫。

自然免疫は

一つ目の砦です。

直接ウイルスを食べて追い出したり、

増殖し、囲い込み、

次に待ち受けている適応免疫に情報を送ります。

風邪をひきにくい人は、

生得的な自然免疫が強い。

次の獲得免疫は

感染した病原体を特異的に

見分け、記憶し、攻撃。

とても強力な免疫です。

ただ、動き出すまでに数日はかかり、

とても時間がかかる。

では、どうやったら免疫力を効果的にあげれるのでしょうか?

それはとてもシンプル。

粘膜には鼻洗浄やうがい、

皮膚には寒風摩擦

そして腸には発酵食品。

日常レベルからできる簡単なものばかりですね。

でも、簡単すぎるとなかなか続かない。

習慣レベルまで定着させるには

少々の粘りと努力がいりますが、

トライする価値は大きいはず。

朝起きたらこの3点セット試してみましょう!

起きたら、鼻洗浄、寒風摩擦、

朝食に、納豆、味噌汁!