立春をすぎると、
体がだるかったり、
花粉症がでてきたり、
眠気、肩こり、
眼精疲労、肩こり、など
体からのサインが
いろいろとでてきますね。

肝臓が解毒できなかった汚れを
いろんな形で体ががんばって
排出しようとしているサインです。

そんな時は、
だいこん、かぶ、りんごのすりおろしを
試してみて下さい。

冬に貯めた脂肪などの不要なものを排出し、
肝臓、胆のうを元気づけてくれます。

特に大根のすりおろしはこの冬ためたものを、
長くくつくつ長く煮込んだもの、切干大根は
過去に蓄えられたものを流してくれるといいます。

この時期に控えたいものは、
肝臓に負担をかける油もの、
糖質の多いもの、乳製品、辛いもの、
ジュース、炭酸飲料、
クッキーやマフィンなどベークした粉もの製品。

ストレスも要注意!
マイナスのストレスは
心の平穏だけでなく、
体の健康も奪います。
上手に発散してあげましょう!

ストレスとの上手な付き合い方をもっと知りたい!
そんな方は4月28日(土)開催の
脳と心の勉強会に参加してみてくださいね♪

最新の脳科学と心理学で「ストレス」のカラクリを紐解いていきます。
デトックスティー付きです!(^^)!

脳HOW~ストレス

春は肝臓の経絡が弱ってきます。
食から、外用手当から、
そしてヨガなどを使って体を鍛えていきましょう!