全身を巡る血液をいつも綺麗にしておくと、
心身の病気にはかかりにくくなります。

ごぼうは
血液をさらさらに
綺麗にしてくれる食材の一つ。

ごぼうには老化を遅らせる抗酸化作用が強い
サポニンという成分が含まれています。

これは高麗人参などの漢方にも含まれている成分。
他にも滋養強壮効果や免疫力強化が期待できる食品の一つ。

ごぼう茶は、手軽に毎日楽しめるおすすめメニュー。
干し、焙煎し、過熱したごぼうは抗酸化力が
さらにアップするようです。
(日本調理科学会、2009)

フライパンで炒って
15分ほど煎じて飲みます。
最近は市販品も選べるほど増えてきました。

冷やしても温めてもおいしい。
そこにハーブをミックスして飲むのもなかなかおいしい。

(ヒースというハーブを入れるのがマイブームになっています。
これも抗酸化の高いハーブとして知られています。
肌にいいようです。→実験中。)

「ごぼうの梅煮」も大切な料理。
血液の浄化作用が強く、
乳がん、大腸がんをはじめ、
肝臓、胆のう、肺、、、
ありとあらゆる病気の予防、薬膳になります。
おっぱいの出がよくなったりもするようです。

作り方は簡単。
5、6cm縦棒状に切ったごぼう(太い場合は縦に4つに切る)に
水をひたひたいれ、
梅干しを1,2個いれてひたすら煮ていきます。
こんな感じ↓

お好みで、(秋冬は)醤油を回しいれ、
さらに水分を飛ばしていきます。

私の周りでは
男性に人気の料理です。
箸が進みます。

食物繊維の豊富さ、ポリフェノール、カリウム、マグネシウム、葉酸、アミノ酸、、、
ごぼうの効能の素晴らしさは
科学的にもいたるところで紹介されていますね。

世界でもごぼうを食べる国はめずらしいようです。
もう高いサプリや化粧品はいりませんね。

梅干しと並んで、すばらしい日本の伝統食材。
自然の恵みをいただきましょう!