昨日は、子どもたちとヨモギを摘みに裏山へ。
頭上の桜には目も触れず
もくもくとヨモギ摘み。

ヨモギ。
ほぼ一年中、いたるところに生えている
とても身近で親しみのある植物ですね。
繁殖力が強く、耐寒性がある多年草のため
荒地でもよく育ちます。
スーパーハーブ、神の草、王の草、霊草、医草、、
その呼び名の通り、
世界中で古来より薬用として珍重されてきたヨモギ。

ヨモギの栄養、滋養もすばらしい。
葉緑素、食物繊維、酵素、
ミネラル、鉄分、カルシウム、
マグネシウム、ビタミンA,B,Cなどなど。

お勧めは若葉の3~5月。
柔らかく香り豊かな春のヨモギ。

まずは良く洗ってゴミなどを取りましょう。
そして野草は灰汁(あく)抜きが大切です。
灰汁は体には悪?なのかもしれませんね。
しっかり処理しましょう。

3月までの若葉は塩ゆでか蒸した後、水洗い
4月初めまでの葉っぱは、
塩ゆで後、20~30分水にさらす。

さらに大きいものになると、
塩ゆで後、灰などを使って灰汁抜きをすると聞きました。
(→これはまだしたことがない)

乾燥にしておくと、
保存がきき用途の幅も広がり便利です。

その場合は、
蒸すか、塩湯でをし、冷水にさらします ↓こんな感じ

水けをきってから
ざるに広げて2~3日天日干しをします。

これで、ヨモギ茶、よもぎ青汁、ヨモギ団子、
ヨモギの化粧水、ヨモギ風呂、
一年中楽しめます。

ヨモギの効果のまとめです。
造血作用、血液浄化作用、止血効果、
活性酸素除去、抗菌・抗炎作用、リラックス効果、

症状別には:
高血圧、心臓病の予防
貧血、冷え症、むくみの改善
腹痛、下痢、
保湿、美容効果
アトピーなどの皮膚のトラブル改善
子宮の病気、
健胃
抗ガン、免疫力アップ

昨日知ったのですが、
若杉友子さんがこの2月に新書を出されていました。
それも「よもぎ」。

よもぎの効能、レシピ、摘み方、保存法などが
詳しく書かれているようです。

若杉ばあちゃんは
陰陽の考えをもとに野草料理と日本に伝わる知恵、
食養の知恵を全国で伝え続け
自給自足生活を実践されている、
日本をこよなく愛する素敵なおばあさんです。

またたくさんの知恵が詰まっていそうです。
早速、読んで試してみようと思います。
先人の知恵を子どもたちに伝える喜び、
毎日が豊かになります。

https://www.amazon.co.jp/%E8%8B%A5%E6%9D%89%E3%81%B0%E3%81%82%E3%81%A1%E3%82%83%E3%82%93%E3%81%AE%E3%82%88%E3%82%82%E3%81%8E%E3%81%AE%E5%8A%9B-%E8%8B%A5%E6%9D%89-%E5%8F%8B%E5%AD%90/dp/4865062548?tag=maftracking95416-22&linkCode=ure&creative=6339

  1. 2019.05.05

    no.5. 脳HOW

  2. 2019.02.04

    第5回 脳HOW 腸=脳=心

  3. 2018.12.22

    「ママのための勉強会 in 東京

  4. 2018.10.25

    ママカフェ in 横浜

  5. 2018.09.19

    2018年アートセラピーワークショップ in 大阪

  6. 2018.08.31

    ママのための勉強会 no.2

  7. 2018.08.31

    脳と心の勉強会ー第4回脳HOW

  8. 2018.07.05

    この夏、女性のための勉強会が始まります!

  9. 2018.05.26

    脳HOW in 横浜

  10. 2018.05.21

    呼吸 も 愛情 も 出す が先. 鎌倉ヨガ では ま…

アーカイブ

2019年6月
« 5月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930