むくみ解消に海草サラダ

<薬としての海藻>

海藻は大切なミネラル供給源として
日本人の健康を長く支えてきました。

薬膳としても力を発揮します。
特に腎臓の特効薬として、
昆布は効果が高いことで有名です。

腎臓悪くなると
水分代謝が悪くなり
体中がむくんできます。

その他、
血を浄化し、濃くし、
免疫を高めます。

また細胞の再生、
生殖器の浄化を手伝います。

海藻の大きな効力は
コラーゲンの減少を
止めてくれるところです。

コラーゲンは身体や臓器の
「枠組み」をつくるたんぱく質です。

美容に興味ある方はとても
よく耳にする言葉ですね。

コラーゲンが減ると、
シワやたるみになりやすく
身体の内側の臓器も
もろくなってきてしまいます。

コラーゲンは皮膚の70%も占めるため
みずみずしい肌を保つために
必要なたんぱく質です。

また骨の内側の柔軟性を保つ役割があるため
コラーゲンの不足は骨粗しょう症の
原因の一つとしても考えられています。

このように見てみると
海草はミネラルもさることながら
コラーゲン補給源としても
とても重要な食材です。

<海草のダイエット効果>

海草を食べるだけで代謝を上げることもできます。
海草に含まれるフコキサンチンという成分が
代謝を上げるベージュ細胞を増加させるということが
研究で分かってきました。

草のダイエット効果については
過去の記事をご参照ください。

海草を食べ、
さらに運動によって血流をよくすることで
成人病の予防や痩身効果が期待されています。

<海草の過剰摂取に注意>

海草はミネラルが豊富で
健康に、アンチエイジングに、
ダイエットに、成人病予防に効果があり

海草=健康というイメージが強いのですが、
一部の人には注意が必要です。

橋本病などの甲状腺機能低下の病気の場合、
昆布・わかめ・のりに含まれるミネラル、
ヨウ素(ヨード)を取りすぎると
甲状腺のはれがひどくなる場合があります。

ヨウ素は甲状腺ホルモンの主成分で、
生命維持には欠かせませんが、
過剰摂取に注意が必要です。

甲状腺の疾患のあるかたは
海草は調子をみながら控えめに。

<脇役こそが主役を盛り立てる>

昆布、ひじき、わかめ、海苔、あらめ、あおさ、天草、ふのり、もずく、、、
海に囲まれている日本は
さまに海藻天国ですね。

でも海草はなかなか食事の主役としては
活躍しないように見えますが
脇役として大きな役目を果たしています。

味噌汁、豆を煮る時も、
煮ものや和え物にも、
日本食のいたるところで使われて
日本人の体を長い間サポートし続けています。

日本の土壌は酸性ぎみのため、
ミネラルが不足します。

それを補うために昔からミネラルを
海塩や海藻で補ってきました。

科学が発達していなかった昔から
私たちの祖先は
海草の重要性に気づいていたのですね。

食品としての存在は薄いものの
健康維持にはとても大切な食品。

食事全体の10%ほどでいいので、
毎日少しずつ取り入れてみましょう。
あなたの10年後が変わでしょう。

<かんたん海草レシピ>

主役になりにくい海藻ですが、
こんなレシピはいかがでしょうか。

むくみ解消!海草サラダ
<材料>
・わかめなど
・キャベツ
・ドレッシング(練りごま、白味噌、梅酢、水)

<作り方>
1.わかめをあらって塩きりをし食べやすい大きさに切る
2.キャベツを食べやすい大きさに切って、ウォーターソテー
3.ドレッシングを混ぜ合わせ、キャベツの祖熱がとれたら混ぜ合わせる。

わかめは体の余分な水分を排出し、
体にこもった熱を冷ましてむくみを解消hしてくれます。

わかめとサツマイモ煮
<材料>
・わかめ
・さつまいも(細め)
・醤油
・レモンの皮の細切り、パセリのみじん切り、ネギの小口切りなどお好みの薬味

<作り方>
1.わかめを洗って塩きりをし食べやすい大きさに切る
2.さつまいもを輪切りし、面取りをして、塩水につけておく(20~30分)
3.さつまいもがひたひたになるくらいの水を入れ、沸騰したら弱火15分
4.わかめ、醤油をいれて5~6分蓋をして煮る。
5.蓋を取ってに切る
6.お好みの薬味でトッピング

関連記事

  1. 肉食後の 解毒法. 料理にあう効果的な排出法とは?

  2. 半日断食21.(食編)

  3. 海藻 で ベージュ細胞を増やすとダイエット効果抜群!

  4. 内臓は自律神経によりコントロール. 時間栄養学と東洋医学

  5. 10代のニキビを治す手作りエキスとは? 作り方は?

  6. くず [成分プエラリン] が自律神経をやわらげる

アーカイブ

  1. 2018.11.15

    歯痛にもビワの葉エキス

  2. 2018.11.10

    アクネ菌が増える原因と5つの対処法

  3. 2018.11.05

    10代のニキビを治す手作りエキスとは? 作り方は?

  4. 2018.10.31

    日本のビーガン人口は540万人. 世界から見て多いの?

  5. 2018.10.25

    ママカフェ in 横浜

  1. 2018.10.25

    ママカフェ in 横浜

  2. 2018.09.19

    2018年アートセラピーワークショップ in 大阪

  3. 2018.08.31

    ママのための勉強会 no.2

  4. 2018.08.31

    脳と心の勉強会ー第4回脳HOW

  5. 2018.07.05

    この夏、女性のための勉強会が始まります!

2018年11月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930