寒い冬のためのスローエージング食(食事から整える)

寒い冬のためのスローエージング食

スローエージングのための冬の食事には
ちょっとしたコツがあります。

大切なのは

「体を冷やさない」食べ方。

たったこれだけで
1年後に違いがでてくるでしょう。

今朝、小学生が半袖で学校へ行くのを見かけました。
笑顔で飛び跳ねています。すごい!

ところが、年齢を重ねるとともに
寒さが身に染みてきます。

(近頃は中高生でも冷えている)

体の冷えは「老化」の原因です。
とくに「腎臓」は冷えやすい臓器
として有名ですね。

腎臓は老化と関係が深い臓器です。
腎臓が冷えると

・若白髪
・排尿障害
・冷え性
・骨・歯のトラブル
・足腰トラブル
・耳のトラブル
・睡眠障害
・むくみ
・子宮、卵巣、精巣など生殖器トラブル

が起こりやすいと言われています。

それでなくても冬は冷え
腎臓が冷えやすい季節です。

以下の体を冷やさない食べ物を
まずは今日から10日、
今の食事に取り入れてみてください。

1.「ミネラル」の多いもの
(野菜、海藻、豆類など)

2.「根菜類」をしっかり火入れして食べる

3.「自然塩」を多めに
(高血圧の方は発酵食品よりとる)

4.「発酵食品」
(一日一杯の季節の野菜たっぷりのみそ汁)

5.「乾物」
(切干大根、高野豆腐、ヒジキなど)

6.良質の植物性たんぱく質(豆類)

7.質のいい油を少量、加熱して

冬、体を冷やす食べ物を避けることで
より早く体の変化を実感できます。

1.白砂糖

2.精白された穀物

3.夏野菜

4.体温より低い食べ物

5.熱帯地方の果物(バナナ、マンゴー、スイカetc..)

6.ジュース・清涼飲料水

もう少し続けれそうなら1か月。
3、4か月すると赤血球が入れ替わり,
体の変化を感じれるでしょう。

私は、一日一杯のみそ汁を大切にしています。

季節の野菜、海藻、豆腐類をいれると
良質のミネラル、たんぱく質、
脂質、食物繊維、ビタミンを
あの小さなお椀一杯でとることができ、

さらにトリプトファンなど
強力な睡眠サポーターも多く含まれ
ほぼパーフェクトなスローエージング食材。

本当かどうかは定かではありませんが
味噌を常食すると
肌の色が黒めの方は白くなるとか。

ごはんをたくのを忘れても
みそ汁は忘れない、
我が家のモットー。

スローエージングには黒色の食材

東洋医学的な観点から
冬(水の季節)には

「黒色」の食べ物が

私たちの腎臓(老化のかなめ)を
助け、ホルモンを調整してくれる
と考えられています。

・黒豆
・黒米
・海藻
・黒ゴマ
など。

特に女性には
この季節は黒豆は大切な食材。

・口の周りのできもの
・ヘルペス
・生理トラブル
・下り物が多い
・不安が強い
・眠れない
・便秘
・歯ぎしり

など当てはまる場合は
積極的に取り入れてみましょう

女性ホルモンを整える薬膳にもなります。
老廃物を排出してくれ
確かに、次の日肌がツルツルになります。

黒豆の過去の記事

これらに毎日の「運動」を取り入れると
一枚薄着でも寒くない
スローエイジングな体、
確実に完成です!(^^)!

来週も一緒にヨガしましょう!

では、みなさんの健康を心から祈って。
今日もありがとうございました。

【オンラインヨガのお知らせ】
ヨガスケジュール ⇩

関連記事

  1.  「味噌使い」になろう!味噌で子どもも大人も脳育・腸育!:季…

  2. 一日一回の大笑いで病気知らず

  3. 日本のビーガン人口は540万人. 世界から見て多いの?

  4. アンチエージングやファースティングに:甘い野菜のスープ

  5. アンチエージングからスローエージング:具体的な方法と実践

  6. みかんの皮から手作りエキス. [浄化]

  1. 2023.02.01

    老化の原因、「冷え」から体を守る呼吸:ウジャイ呼吸

  2. 2023.01.17

    冬のスローエージングの2つの秘訣

  3. 2022.12.30

    冬の食材がホルモンバランスを整える:スローエージングのた…

  4. 2022.12.14

    アーユルヴェーダ的食べ方に変身:イーストなしの発芽玄米パ…

  5. 2022.12.05

    寒い冬のためのスローエージング食(食事から整える)

  1. 2020.05.01

    5月9日はオンラインヨガクラス

  2. 2019.11.26

    心理学・アートセラピーの年末ワークショップ

  3. 2019.10.31

    脳HOW no.6.「睡眠力」

  4. 2019.07.17

    Women’s Life はじまります!

  5. 2019.05.05

    no.5. 脳HOW

  6. 2019.02.04

    第5回 脳HOW 腸=脳=心

  7. 2018.12.22

    「ママのための勉強会 in 東京