美容も台所から [ココナッツオイルとごま油でマッサージ]

10月初め、
朝のマッサージ用に使っていた
ココナッツオイルが白く固まり始めました。

画像悪いですが固まった状態です ↓

これはオイルを変える時期だよ、
という自然からのお知ら.
毎年オイルの衣替えの目安にしています。

今日は私が普段マッサージ用に使っている
オイルのうち2種類のオイル、
ココナッツオイルとごま油の使い方、
マッサージの方法について
アーユルヴェーダと陰陽五行の観点から
簡単な使い方とコツ、利点など私見を交えてお伝えします。

<夏にはココナッツオイル>

ココナッツオイルは主に夏に適したオイルです。
冷やす作用があるからです。

肌への浸透性が高く、さらっとべたつかず、
熱を逃がしてくれ、暑い夏に使いやすいオイルです。

インドの生命医学アーユルヴェーダでは
体質と体調によってオイルの種類を使い分けますが、
ココナッツオイルは比較的万人に使える
オールマイティーで使いやすいオイルです。

私の主な使い方は
鼻洗浄の準備のための顔マッサージ。

肌を柔らかくする作用があり
保湿に優れています。

外用としての効果も高く
発疹や火傷、炎症、その他の皮膚症状などに
内服としては免疫力の向上として
伝統的に用いられてきた万能オイルの一つです。

紫外線カットにも効果が期待できるようです。

<ココナッツオイルが固まる時期>

ココナッツオイルは
亜熱帯から温帯にかけて生息する
ヤシの木から採取された油です。

なので常夏生まれのココナッツオイルは
低温になると固まりやすい。

25℃以下で軟らかい固体
20℃カチカチの白い固体

科学的に言うと、
ラウリン酸という飽和脂肪酸を含んでいるため
低温で固まる。
(植物性ですが不飽和脂肪酸が多い珍しいオイル)

そしてこの固まるタイミング(9月下旬~10月初め)を
毎年のオイル替えの時期にしています。

<ココナッツオイルの効果>

インドの生命医学アーユルヴェーダでは
内(食)から外(皮膚)から合理的に
人体をケアーしてきました。

その一つがマッサージです。
皮膚は人体最大の排出器官であり、
腸の状態とも関係している大切なところ。

食としても使えるオイルを使ったマッサージは
「美容」として「健康維持」として
安全で効果的です。

もし何か副作用があった時でも、
ふき取ればすぐに効果が消失します。

うれしのはその使いやすさ。
分子量の小さい中佐脂肪酸が豊富なため、
お肌や髪の毛への浸透性が高く、
さらっとした質感がオイルのべたつきが苦手な人にも使いやすい。

また、ココナッツオイルには
豊富なビタミン、ミネラル、繊維質が豊富で
髪の毛からのタンパク質の流失を減らすので
美肌を保ち、枝毛、乾燥毛、縮毛、脱色剤で傷んだ髪のケアにも
効果的があることが知られていて
古代インドの時代から頭皮強壮剤として使われてきました。

<冬使用のごま油>

春夏が終わると
次はごま油の季節です。

ごま油は温める作用があるため
冬に重宝するオイルです。

寒い寒い冬でも唯一凍らない温熱性のオイルです。
(東北ではオリーブオイルが凍ったことがあった!)

抗酸化物質がいくつも入っているため
大変酸化しにくく、これも保存性に優れ、
活性酸素からのダメージから細胞を守り
老化を遅らせる効果が知られています。

うがい、点鼻、顔のマッサージ、全身マッサージに
そして食用に、ごま油は自然の贈り物。

<1分で分かるゴマと老化>

ゴマの抗酸化物質は「ゴマリグナン」が有名です。

私たちの体内では常に活性酸素が発生し
細胞が酸化されることで老化が進んでいます。

活性酸素が増えると、肝臓の働きが鈍くなり、
だるさ・肌 のハリが無くなり

動脈硬化の原因となる悪玉コレステロールが増え、
生活習慣病にかかりやすくなります。

ゴマリグナンの中には、セサミン、セサモリン、
セサミノール、セサモール、エピセサミン等など
たくさんの抗酸化成分が含まれていて

活性酸素を撃退し、若返り(アンチエイジング)に
効果があると注目されています。

その他、肝臓機能を改善し、
コレステロールを減少、
脂質代謝を促進する、
抗うつ作用
などなど
数えきれないほど多くの効果と効能が
研究により明らかになっています。

<朝のセルフマッサージ法>

ごま油を使ったマッサージや浄化法を紹介します。

私の朝は、歯磨きからはじまります。
その後、舌を掃除し、舌苔を見て内臓の調子をチェック。
次にキュアリングしたごま油を数分口に含みうがいをします。

うがいの効果はとても高い!
詳しくはこちらをご覧ください。↓
スプーン一杯、朝のごま油で人生が変わる?!食べる、つける、浄化する、万能オイルを使いこなす。[ごま油でうがい編】

ごま油もココナッツオイルと同じく浸透性が高く、
口内から直接肌へとゴマの有効成分が染み込んでいきます。
(ほうれい線、シワにも効果的と言われています)

そして顔と耳マッサージ(耳の穴、鼻の穴も!)に移ります。
ツボを刺激しながらやさしく。

顔マッサージの方法は
1.両親指でアゴの骨にそって耳まで数回マッサージ
2.ほっぺを鼻から耳に向かって、目の周りを内から外へ向かって
3.おでこを眉から上に向かってやさしくマッサージ

耳もマッサージ。
耳には内臓のツボをはじめ、
たくさんの大切なツボが凝縮していています。
耳の前後、内側、耳たぶをマッサージすることで
代謝も上がり、体も温まる!

ついでに手もマッサージ!
指の付け根から指先、手のひら、順番に丁寧に。
手には全身の循環に関係する心臓や呼吸器のツボがあります。

言葉にすると複雑に感じますね。
いつか絵にして、またアップしてみます。

<夜のセルフマッサージ法>

時間がある週末によくするマッサージです。
お風呂前にまずは頭から。

洗髪するまえに、頭皮マッサージをすると
髪のつや、こしが保たれ
また活力、脳の活性化も期待できます。

頭にはたくさんのツボがあり、
眼精疲労、頭痛、不眠、脳の各機能、
そして高いリラックス効果があるため
頭マッサージは心理的にとてもよい影響があると言われています。

方法は、
頭頂にごま油を数滴たらし、
5本の指で側頭葉、後頭葉、
そして髪全体になじませてから
いつもどおり洗髪します。

とてもさわやかで気持ちよく、
目の疲れが取れ視界が広がります。

首、片、腕の筋肉もマッサージしてみましょう。
筋肉が柔らかくなり、血液循環がよくなり、
心身の緊張がほぐれます。

関節のマッサージは
リンパの流れを良くし
排毒を促します。

首をマッサージすると
若返りホルモン、パロチンがでてくると言われています。
両手で挟んで下から上に向かって数回マッサージ。

お腹やウエスト、太もももしてみましょう、
第2の心臓といわれる足裏は特に入念に。

そして最後にお風呂で洗って、
しっかり温もってリラックス。
(あまり疲れない程度に汗をかくとより効果的です)

◇マッサージ用には透明なごま油をキュアリングして使うことがお勧めです。
(→キュアリングすることで成分が変わる)

家庭でできるキュアリングの方法については
こちらをご覧ください。

ごま油のキュアリング

◇なお、ゴマアレルギーの方は控えて下さい。

特にごま油のマッサージは
「アビヤンガ」という
消化力を上げ、髪や肌の美しさ、
子宮を浄化するなどの効果があると言われ、
若返りのマッサージとして
古来インドから行われているものです。

食事で内から、マッサージで外から
今日はほんの一部でしたが、
やりたい!これならできる!ものから
取り入れてみてください。
10年後の自分のために!(^^)!

<年末ワークショップのお知らせ>

12月27日(金)ヨガ+座学 @ 宝塚 11:00~13:00

12月28日(土)ヨガ @宝塚 10:00~11:30

12月29日(日)心理学講座ー心の栄養足りてますか?ー @ 大阪市梅田 12:30~15:30

12月30日(月)脳と心の勉強会 脳HOW @ 大阪 10:30~12:00

2月14日(金)ママのための勉強会 @ 東京都武蔵野市内 10:00~11:30

関連記事

  1. ウィルス対策~ヨモギ茶のビタミンCで免疫をつける

  2. 夏の夜. 翌朝スッキリするヨガを含めた13の方法 [睡眠]

  3. 傷口を早く安全に止血したいときは「よもぎ」

  4. ほてりにくく冷えにくい中庸の体を作る、 梅雨の時期、トマトは…

  5. 梅雨を快適に過ごすために乾物を使う [デトックスには切干大根…

  6. たった9分でつやつや肌に. 浴室 でできる自律神経の調整法

  1. 2022.09.19

    便秘解消までの道のり(排出・好転反応・維持期)

  2. 2022.09.16

    あれ、また足がつってしまった!

  3. 2022.09.09

    「味噌使い」になろう!体が喜ぶ・家族も喜ぶ(味噌vol.…

  4. 2022.08.22

    「味噌使い」になろう!体が喜ぶ・家族も喜ぶ(味噌vol.…

  5. 2022.08.18

    ヨガの睡眠効果

  1. 2020.05.01

    5月9日はオンラインヨガクラス

  2. 2019.11.26

    心理学・アートセラピーの年末ワークショップ

  3. 2019.10.31

    脳HOW no.6.「睡眠力」

  4. 2019.07.17

    Women’s Life はじまります!

  5. 2019.05.05

    no.5. 脳HOW

  6. 2019.02.04

    第5回 脳HOW 腸=脳=心

  7. 2018.12.22

    「ママのための勉強会 in 東京