夏至のデトックス [小豆昆布]

2018年は今日が夏至。
関西育ちの私は
夏至になると
水無月(みなづき)という
小豆の和菓子を懐かしく思い出します。
 
でも甘味料はなるべく避けたいので
小豆昆布や米あめの羊羹(水無月風)を
作るのが習慣になりました。
 
今年は無性に小豆が食べたく、
自分のためだけに
小豆昆布を作ってしまいました。
幸せでした(*^_^*)
 
小豆は強力なデトックス作用がある食材です。
(砂糖と一緒に取ると効果がずいぶん減ります)
梅雨で湿気た体の水分をだしてくれ
むくみや疲労をとってくれます。
 
詳しくは

小豆の効果
 
水無月の和菓子は
白いういろうの上に
小豆をのせ
三角に切り分けた和菓子です。
 
本来は6月30日に食べる
京都の習わしだったようです。
1月から6月までの半年の罪や穢れ、
また
残りの6カ月も(削除)
無病息災を祈願する神事から
始まった夏越しの神事が始まりだとのこと。
 
今は暑気払いとして
食べられていいます。
 
24節季、冬至はかぼちゃ、
と言いますが、
夏至は地域によって
風習が違うようです。
 
ちなみに、調べてみると
大阪はたこ、関東・奈良は半麦生餅、
越後は焼きサバ、香川のうどん、愛知のイチジク田楽、
 
もう一つついでに
スウェーデンはニシンの酢漬けとゆでじゃが
だそうです。
 
日照時間の短い北欧では
大切な時間として
あちらこちらでお祭りがあるとか。
 
最後に小豆昆布の作り方です

<作り方>
小豆(1cup)
昆布(5cm角)
水(3~4cup)
塩(小1)
 
1.昆布を細かく切る
2.鍋に材料を入れ強火にかけ、
沸騰したら弱火にし小豆が柔らかくなるまでたく。
塩で調味。
 
<効果>
心臓、腎臓、肝臓機能を上げ、利尿、解毒、浄血作用があるため
むくみ、便秘、慢性疲労、肩こり、腰痛などに効果があります。
※胃腸の弱い人は利尿作用、解毒作用が強いので多食は注意して下さい。
 
かぼちゃの季節が来ると
小豆かぼちゃも、これまた美味です。
こちらは糖尿病の特効薬としても有名です。
 
ビタミンB1,2が豊富なので、
小豆ごはんにすると糖質代謝がよくなり、
血液を浄化してくれます。
 
日本では古くから1,15日に
小豆ごはんを食べる習慣がありました。
小豆を定期的に取り入れることで
血液を綺麗にできます。
是非、生活に取り入れてみて下さい。

関連記事

  1. 不眠解消ヨガ で 効果がない場合 の 2つの対処法 [睡眠]…

  2. くず [成分プエラリン] が自律神経をやわらげる

  3. 薬膳料理教室~レンコン編

  4. 日本の夏を乗り切る体づくり [食事から体をつくる]

  5. カレーには秋ウコン、未病には春ウコン

  6. 肉食後の 解毒法. 料理にあう効果的な排出法とは?

アーカイブ

  1. 2019.03.26

    怒って怒って、怒りながら自己啓発!

  2. 2019.03.18

    お酢で肝臓手当 [体のデトックスをアップさせる酢の効力と…

  3. 2019.03.11

    安全な酢リンスにかえました. 効果は高級リンス以上で危険…

  4. 2019.03.05

    このエキスを旅行に持っていけば頭痛 歯痛や虫刺されにも対…

  5. 2019.02.25

    虫刺されに効く手作り薬 [オウバク末 オウバクエキスのベ…

  1. 2019.02.04

    第5回 脳HOW 腸=脳=心

  2. 2018.12.22

    「ママのための勉強会 in 東京

  3. 2018.10.25

    ママカフェ in 横浜

  4. 2018.09.19

    2018年アートセラピーワークショップ in 大阪

  5. 2018.08.31

    ママのための勉強会 no.2

2019年3月
« 2月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031