体を温めると心も温かくなーる

ヨガの連続したポーズ(フロー)が始まると
クラスのペースについていけないことがあります。
私もはじめはそうでした。

右と左が分からなくなったり、
呼吸のタイミングも?
吐くんだっけ?吸うの?
タイミングを逃すともっと混乱!?
自分の右手?左足?左打ち太もも?

フローの目的の一つは
体がスムーズに動くことだけでなく
心の移動がスムーズにできることです。

体はもちろん、
心がちゃんと動かせているか。
錆びついていないか?

ヨガでは
体は心の器と考えます。
体をアサナ(ヨガのポーズ)で温め、
ホルモンや血液の流れを良くします。

運動した後、心がはればれした経験ありませんか?
ただ散歩しただけでも心が上向きになります。
体が温まると自然と心も温まります。
体と心は太く強いパイプでつながっています。

不登校の中高生を
長い間サポートしてきました。
最初は自分の気持ちをどう話していいか分からず
まためんどうくさくて、
みんなとっても静かです。

カウンセリングの一環として
ヨガをしたり、大自然の中で
体を動かすことをしていました。

すると、数時間後には
自然と笑みがあふれ、笑ってしゃべって、
普通のティーンネージにもどっていくのを
たくさん見てきました。

体を温めると心もひらいてきます。
今、大切なことと
そうでないことが明確になります。

心が何かに捕らわれていると、
体が硬くなり、内臓に影響し、
血液・体液が流れず、
汗も便通も滞ってきます。

体と心がばらばらになっていないか、
今と過去がごじゃごじゃしていないか、
いつもチェックしておく必要があります。

電話しながら
違うこと考えてないか、

食事をしながら
スマホしてないか、

ヨガしながら
レッスン後の
ランチを考えていないか。

心と体を今のこの瞬間にゆだねてみると
毎日歩いている景色、毎日見ている子どもたち、夫、
同僚に新しい発見がたくさんあるでしょう。

2度とない「今」
というこの瞬間を意識しながら味わえると
生きててよかったな、
生きるって幸せだな、
全身で喜びを感じることができます。

さらに、それを他のみんなと分かち合えた時、
幸せは倍増し、悲しみは半減していきます。

※ 次回のレッスンは
脳を活性化し、集中力を高める
呼吸法をします。
心と体を繋げる呼吸、
一緒に深めていきましょう!(^^)!

関連記事

  1. 内臓は自律神経によりコントロール. 時間栄養学と東洋医学

  2. 自然の美しさ vs. 人工の美しさ [ハイヒールの価値を…

  3. 一日一回の大笑いで病気知らず

  4. 美しさは食卓から。今日の夕食はこれで決まり! :良質の植物性…

  5. 宝塚ヨガ

  6. ウィルスや菌による風邪にかかってしまったら 【風邪の各症状を…

  1. 2020.06.28

    切干大根茶の飲み比べ

  2. 2020.06.26

    梅雨のカラダの排毒には小豆~小豆昆布のとり方

  3. 2020.06.24

    梅雨の湿気が苦手な人の克服法

  4. 2020.06.21

    2020年はオンラインで国際ヨガの日

  5. 2020.06.17

    梅雨の快適な過ごし方~食べ物でカラダの毒をとる

  1. 2020.05.01

    5月9日はオンラインヨガクラス

  2. 2019.11.26

    心理学・アートセラピーの年末ワークショップ

  3. 2019.10.31

    脳HOW no.6.「睡眠力」

  4. 2019.07.17

    Women’s Life はじまります!

  5. 2019.05.05

    no.5. 脳HOW

  6. 2019.02.04

    第5回 脳HOW 腸=脳=心

  7. 2018.12.22

    「ママのための勉強会 in 東京

2020年7月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031