アーユルヴェーダで冷えを治す:冷え改善 vol.5

<中医学から見た冷え>

冷えは現代人だけでなく、
古くから多くの人々を悩ませてきた症状でした。

約2000年前に出版された中国医学の古典
『傷寒論(しょうかんろん)』や『金匱要略(きんきようりゃく)』には、
冷える体の部位別に長年研究された治療法が記されています。

冷えにもいろいろです。

手足の冷え=手足寒(しゅそくかん)
四肢末端の冷え=厥冷(けつれい)
腰の冷え=腰中冷(ようちゅうれい)
背中の悪寒=背悪寒(はいおかん)

これら冷えの共通症状として、
手足・足腰の冷え、肩こり、疲れやすさなどがあり

まずはタイプを見極め、
ライフスタイル(衣食住、運動、生活スタイルなど)を見直しながら体質改善をし、
漢方を使い治療を進めていきます。

ちなみに、中医学では、
冷え症の養生法として「運動栄養快楽」という
つまり、運動によって全身の血液をスムーズに流し、
筋肉の熱発生効率を高める方法も大切にします。
健康な人で毎日8000歩の運動量が必要といわれています。

健康な成人で10分1000歩だと言われていますから
約80分のウォーキング、
となると、みなさん、いかがでしょうか?
ちょっとボリュームある?

<アーユルヴェーダからみた冷え>

「普通の人が寒さを感じない環境で、
手足や腰、内臓、または全身が冷えてつらい状態」
これを冷え症といいます。

自覚症状があるかないかが
大切なポイントとなります。
(これは中医学でも同じ)

冷えが慢性的に続くと
代謝も落ち、排毒できないので
様々なトラブルが起こってきます。

むくみ、肩こり、貧血、生理トラブル、低血圧をはじめ
糖尿病、腎炎、心臓病、甲状腺機能低下症、ガンなどの病気の素地になります。

大事に至らないための早めの対策が必要です。

アーユルヴェーダでは、自覚された冷えは
「未病」として立派な治療対象になります。

アーユルヴェーダ的な観点から見ると
冷えは、3つの生命エネルギー(トリドーシャ)の中の
「ヴァータ(VATA)」が
過剰になった状態と考えます。


ヴァータは、「風」と「空」からできた性質を持ち、
軽く、動きも早いのが特徴です。

(身体的には、循環器系、血管系、脳、
感覚の刺激や神経の伝達、呼吸をつかさどる)

乾燥しやすく、不安定な性質があり
老化現象や病気の多くは
「ヴァータの乱れ」から起こります。

体質に合わない食事、
冷たい飲み物で身体を冷やしている、
運動不足、

特に、寒く乾燥した冬にヴァータは増えやすく
冷えやすい体質(冷え性)のもとを作ります。

ヴァータをうまくコントロールできると
腰痛や便秘、不眠、冷えから解放され、
体が軽く、機敏で活発になってきます。
 

<ヴァータが増えているかどうかチェックしてみよう>

冷えにくい体を作るためには
ヴァータが乱れていないか、
増大していないかどうかを
自分でチェックする必要があります。

どんな症状から分かるのでしょう?
自己チェックしてみましょう。

□ 無性に甘いものが食べたくなる
□ スケジュールが詰まりすぎ
□ すぐイライラしてしまう
□ 体に痛みがある(肩こり、腰痛、生理痛)
□ ストレスで身体と脳が緊張している
□ 不眠、寝不足が続いている
□ 皮膚が乾燥する
□ 髪のフケが気になる
□ 手足が冷える
□ 忘れっぽい
□ 早口すぎる
□ 脚や頭をよくぶつける
□ 便秘、体の痛み(腰痛、肩こり、頭痛、生理痛)がある

<ヴァータを整え冷えをとる方法>

以下の3つはヴァータの乱れを整える効果的な方法です。

1.体を温めるよく調理された食事

2.規則正しい生活
 (起床時間、食事時間、運動、就寝時間)

3.ゆっくりはっきりとしたヨガと呼吸法
 (仰向けポーズ、リラックスポーズ、筋力ポーズ)

1~3を実行するにあたって何よりも重要で
どんな薬よりも効き目があるのは
「リラックス」。

仕事、おいしい食べ物、美容、ファッション、
未来の心配、過去の後悔、etc..

次から次へと心はさまよい、
落ち着きかない(落ち着きたくない)
日常に慣れていませんか?

リラックスできているようで
実は出来ていない私たち。

どこかに力が入ったまま
眠りについていることが多い。

夜はスマホやPCを早めに遠ざけて
半身浴をし、夜空でも見てみましょう。
一日を振り返り日記を書くのも効果的です。

電磁波は脳を覚醒し、体を冷やし
体への悪影響が指摘されています。

リラックスを促進するヨガポーズ、
呼吸法、瞑想は欠かせないメニュー。

副交感神経を優位にし、
頭も心も空っぽに!

<ヴァータを整える理想の生活と食事>

より具体的にヴァータを整える理想的な生活を時間順に見てみましょう。

1.朝:
  日の出前に起床、口のケアーをしてから、
  まず温かい白湯を一杯飲む、
  8時までに温かい朝食を少量
 (全粒穀物と野菜スープ、みそ汁をゆっくり食べる)

2.昼:
  水分と油分を適度に含む温かい穀物を含む食事
  (パサパサ、パリパリしたもの、辛い物、乾燥物、焼しめたものは食べない)
  ヨガ、ウォーキング
3.夜:
  昼食より軽め、8時までにはすませる。
  9時以降は食べない。根菜を使った料理。
  夕食後、時間をおいてしっかり入浴。夜ヨガ、瞑想。

ヴァータはごま油を使ったオイルマッサージも有効です。
生姜の足湯も効果的。

毎朝一杯の白湯を飲むのもおすすめです。
白湯の温度は70℃前後。
熱めをすするようにして飲みましょう。

冷え改善に効果的です。

消化を高め、体をあたためる
アーユルヴェーダ式白湯の作り方

この冬のヨガのテーマは「冷えと老化」
アーユルヴェーダや東洋医学から
食事と生活の知恵
自然なナチュラルエイジングできる知恵
もお伝えしてます。

オンラインヨガはこちらから↓

初回は無料です

References

1.日本医史学雑誌 第 58 巻第 1 号(2012) 15–28
http://jsmh.umin.jp/journal/58-1/58-1_15.pdf

2.女子厥冷に対する漢方治療効果の検討
https://ci.nii.ac.jp/naid/130003832885/

3.Dr.Robert E. Svoboda. (2003) Prakriti-Your Ayurvedic Constitutioin. Lotus Press.

関連記事

  1. 宝塚ヨガ

  2. ヨガと食でこむら返りを予防する

  3. [呼吸に現れる ストレス のサイン]

  4. スプーン一杯、朝のごま油で人生が変わる?!食べる、つける、浄…

  5. 美をとる?健康をとる?それとも両方! [ハイヒールが必要な私…

  6. 切り干し大根茶 は ダイエット や解毒に効果あり

  1. 2022.09.19

    便秘解消までの道のり(排出・好転反応・維持期)

  2. 2022.09.16

    あれ、また足がつってしまった!

  3. 2022.09.09

    「味噌使い」になろう!体が喜ぶ・家族も喜ぶ(味噌vol.…

  4. 2022.08.22

    「味噌使い」になろう!体が喜ぶ・家族も喜ぶ(味噌vol.…

  5. 2022.08.18

    ヨガの睡眠効果

  1. 2020.05.01

    5月9日はオンラインヨガクラス

  2. 2019.11.26

    心理学・アートセラピーの年末ワークショップ

  3. 2019.10.31

    脳HOW no.6.「睡眠力」

  4. 2019.07.17

    Women’s Life はじまります!

  5. 2019.05.05

    no.5. 脳HOW

  6. 2019.02.04

    第5回 脳HOW 腸=脳=心

  7. 2018.12.22

    「ママのための勉強会 in 東京