しょうがの足湯:冷え改善 vol.6

小寒、大寒と寒さが厳しくなる冬
この時期のセルフケア―の一つ
しょうがの足湯

体を温めるための
ヨガの呼吸法やアサナと組み合わせると
温泉にいったように体が芯からぽかぽか

※ 今月のヨガは冷えとアンチエイジングです。
YogaVine

食も冬仕様に変えると
ぽかぽかがキープされ
睡眠の深さや質も高い

しょうが湯を続けていると
赤ちゃんのようなつるつる肌にもなります


しょうが湯の作り方です

1.

お湯をいったん沸騰させて70℃くらいまで冷ます
※ 効果を引き出すための丁寧な方法

2.

しょうがをすりおろす
※ 古いしょうがの方が効果があると言われています

3.

お茶袋などにいれて1に入れてしょうがのエキスを出す

4.

冷ましてから大きな桶などにしょうが湯をいれ
体がぽかぽかするまで足湯する
(体の冷え具合によりますが20~30分)

注意:心臓、目、おでこ、妊娠中のお腹はしょうが湯で温めないで下さい。

しょうが湯と似ていますがしょうがを使った知っておくと
便利な外用手当てに「しょうが湿布」があります。

「あらゆる痛みにしょうが湿布」といういわれるほど効果が高く、
腰痛、冷え、風邪、腹痛、皮膚のトラブル、筋肉疲労、、、、

肺結核、肝炎、肝硬変、動脈硬化、十二指腸腫瘍、腸閉そく、
ヘルニア、リューマチ、盲腸炎、ガン、膀胱結石、白血病、
白髪、はげ、あざ、痔、水虫、骨の病気、骨肉種、アレルギー、
自律神経失調症、手足がつる、黄疸、腎結石、などなどなど

その効果は計り知れません

しょうが湿布の作り方です↓

台所は家族のホームドクター [あらゆる痛みに生姜湿布]

では、2021年も皆さんの体と心の健康を心から祈って。

<2020年1,2月の冬のオンラインヨガの予定>

1,2月はアンチエイジングと冷えをテーマに
効果の高いアサナを選んでクラスを進めています。
初心者の方、お試しも歓迎

お問い合わせやスケジュールはこちらをご覧ください↓

関連記事

  1. ショウガを食す×仕上げにヨガで整える:冷え改善 vol.7

  2. こんにゃく湿布の効果から作り方まで. [体験]

  3. アロマで虫よけ、ストレス解消も一緒に!

  4. 本物の酢は体温を上げ ウィルス対策にも

  5. ヨガと食でこむら返りを予防する

  6. 海藻 で ベージュ細胞を増やすとダイエット効果抜群!

  1. 2023.02.01

    老化の原因、「冷え」から体を守る呼吸:ウジャイ呼吸

  2. 2023.01.17

    冬のスローエージングの2つの秘訣

  3. 2022.12.30

    冬の食材がホルモンバランスを整える:スローエージングのた…

  4. 2022.12.14

    アーユルヴェーダ的食べ方に変身:イーストなしの発芽玄米パ…

  5. 2022.12.05

    寒い冬のためのスローエージング食(食事から整える)

  1. 2020.05.01

    5月9日はオンラインヨガクラス

  2. 2019.11.26

    心理学・アートセラピーの年末ワークショップ

  3. 2019.10.31

    脳HOW no.6.「睡眠力」

  4. 2019.07.17

    Women’s Life はじまります!

  5. 2019.05.05

    no.5. 脳HOW

  6. 2019.02.04

    第5回 脳HOW 腸=脳=心

  7. 2018.12.22

    「ママのための勉強会 in 東京