くず [成分プエラリン] が自律神経をやわらげる

<葛で体を整える~肝臓浄化~>

葛は肝臓機能を上げる食養食材として
古くから使われてきました。

夏は熱を逃がし、冬は温めてくれ
温めすぎず、冷やしすぎず
ちょうどいい体温に調節してくれる
日本のスーパーフード。

夏は、リンゴジュース + 葛 + 寒天 + 仕上げに梅酢少々を入れると
さわやかなゼリーに。

甘酒わらびもちも美味しい。
カレーにいれると
陰の強いスパイスを中和してくれ、
葛きりは暑い夏も食べやすい。

冬はあんかけや、
葛を練って黄な粉をかけたり、
ゴマ豆腐やソースやペーストなど、
アイディア次第でバラエティーが広がります。

葛は葛根(かっこん)という生薬として
発熱、下痢、風邪、糖尿病、血管弛緩の治療に
使われてきた効果の高い漢方薬です。

肝機能を高める効果はよく知られていますが
特に葛の花のエキスは

肝臓ダメージを示すGOT,APTの値を改善、
アルコール依存症の予防にも役立つ
という研究も報告されてます。(※)

肝臓手当のため
朝は「葛」という時代がありました。
醤油、梅干しをいれたり、
リンゴジュースで練ったり、
きな粉をかけたり。

今は、朝はお白湯と薬膳茶のみで、
一日1~1.5食の生活になりましたが、
外食が続いたり、
内臓が疲労している時、
「葛湯断食」で体調整。

ご飯の代わりに葛湯で過ごしたり、
18時間空腹時間を作って
葛湯でしばらく過ごします。

<葛の効果>

葛にはたくさんの栄養が含まれています。
特にサポニン、フラノボイド、イソフラボンの豊富さは
注目に値します。

サポニンは血液中の脂質を減少させ
老化を遅らせる力があります。

イソフラボンは女性ホルモンのエストロゲンと
同じような働きを持つ成分です。
婦人系の疾患、トラブルの予防、改善に役立ちます。

フラノボイドは
血管を拡張させ体熱を放散させ、
体温調節をしてくれます。
微熱が続く風邪の初期に役立ちます。

また、自律神経を整えます。
交感神経が緊張している犬に
葛根を与えたところ、
その緊張が抑えられたとの
報告がありました。

確かに、葛を食べるとホッとしますね。

ちなみに
葛の英語名はプエラリア。
(葛、学名: Pueraria montana var. lobata)

葛に含まれているフラボノイドの一種
プエラリアには女性ホルモンと同じ作用があるようで、
更年期障害や美肌の効果が期待できるとのこと。
美容を目的にしたサプリもたくさん出ていました。

葛は女性には欠かせない食材ですね。

<まとめ>

まとめると以下のような効果が
期待できると言われています。

・更年期障害の症状改善

・子宮のトラブル

・骨粗しょう症を予防する効果

・血流改善

・解熱作用

・鎮痛作用(首・肩こり、筋肉痛、風邪、口内炎、胃腸炎)

・消化力アップ

・発汗作用

・自律神経調整

・ダイエット効果

・糖尿病予防

・血管疾患の予防

・血圧調整

・イライラ感の解消

・美肌、ダイエット

<葛と本葛の違い?>

葛の効果を得たい場合は
100%本葛を探してください。
吉野葛は有名ですね。

くず粉は精製にとても手間がかかる上、
60㎏の根から9gしか取れないので
値段は高額になります。
国産の100%葛粉で
相場がだいたい
1㎏で¥4000~6000もします。

国産小麦粉で1㎏¥500前後
有機小麦粉で1㎏¥1500円

こう考えるとかなりの高額です。
なので、馬鈴薯でんぷんを混ぜているものが
たくさん出ています。

ちなみに、馬鈴薯でんぷん(=片栗粉)はじゃがいもが原料で、
陰陽五行的には陰が強く、体を冷やします。

漢方にも使われるほどの効果が高い葛。
お財布と相談しながら、
本物を日常に取り入れてみましょう。

(※)葛の花のエキスを7日間肝臓障害を誘発したラットに投与したところ、血中のGOT(AST)の上昇が抑えられていることが確認されたとのこと。GOTは肝機能が正常に働いているかどうかの指標となる検査値です。
(Food style 21 10(11) 32-34, 2006)

関連記事

  1. 無農薬の緑米 [デトックス作用のある春の食べ物でウィルスから…

  2. 生命力を高める食べ方 – 血液の質を良くするため…

  3. 一日一回の大笑いで病気知らず

  4. 半日断食.21.(体編)

  5. ベジタリアン朝食だけで、たんぱく質は約25グラム

  6. ハトムギで内臓も肌もピカピカに

  1. 2022.09.19

    便秘解消までの道のり(排出・好転反応・維持期)

  2. 2022.09.16

    あれ、また足がつってしまった!

  3. 2022.09.09

    「味噌使い」になろう!体が喜ぶ・家族も喜ぶ(味噌vol.…

  4. 2022.08.22

    「味噌使い」になろう!体が喜ぶ・家族も喜ぶ(味噌vol.…

  5. 2022.08.18

    ヨガの睡眠効果

  1. 2020.05.01

    5月9日はオンラインヨガクラス

  2. 2019.11.26

    心理学・アートセラピーの年末ワークショップ

  3. 2019.10.31

    脳HOW no.6.「睡眠力」

  4. 2019.07.17

    Women’s Life はじまります!

  5. 2019.05.05

    no.5. 脳HOW

  6. 2019.02.04

    第5回 脳HOW 腸=脳=心

  7. 2018.12.22

    「ママのための勉強会 in 東京