ヨモギ風呂で綺麗に加齢

ヨモギがたくさん手に入ったら
お風呂に入れてみましょう。

今日は美容と健康維持、病気の回復と
ヨモギについて。

<ヨモギ風呂の作り方>

生のヨモギを干して、
ネットに入れ、そのまま湯船に入れる
簡単な方法もありますが、

より効果を求めるなら、
ちょっと手間をかけて
お鍋で煎じたものをお風呂にいれみましょう。

1.乾燥ヨモギを大きな鍋で20分ほどに出す。
2.湯銭に1と塩をいれる。

体の芯から温まり、血行がよくなり
肌もツルツルツヤツヤ。
アトピー性皮膚炎がよくなった話も
たくさん聞きました。

ヨモギには血行促進作用があるので
冬だけでなく、
夏、クーラーで冷えきった体を温めます。

さらに
ヨモギの匂いが自律神経を整え
安眠を誘ってくれます。

血行が良くなると
新陳代謝も高まります。

体の循環が良くなると
肌のくすみ、黒ずみがとれ
シミ予防にもなります。

また、
抗菌・殺菌作用も強いので
ニキビや皮膚炎にもいい。

肌を保湿してくれるので
肌のカサつきを改善。
潤います。

<科学的にヨモギをみてみる>

ヨモギにはクロロフィルをはじめとする
高い抗酸化物質を含んでいます。

※ 抗酸化物質は活性酸素(動脈硬化、ガン、老化、免疫機能低下などを引き起こす)を取り除き、酸化の働きを抑える物質のことです。

活性酸素は微量であれば人体に有用な働きをしますが、大量に生成されると過酸化脂質を作り出し、体に有害なものとなります。

紫色食品、豆製品、ごま、蕎麦、発酵茶に多いポリフェノール、緑黄色野菜
魚類に多いカロテノイドがあります。(※1)

これらの成分が活性酸素による細胞のダメージを抑え、
乾燥肌やアトピー性皮膚炎、かゆみなどを取ってくれると言われています。

<ヨモギの血行促進作用が病気を遠ざける>

よもぎ風呂は
体が芯から温まります。

血行が良くなると
汗と一緒に体の老廃物も排出。
身体中の血液の鬱血がとれ、
肩こり、腰痛、頭痛などの凝りがほぐれます。

パーキンソン病 (※2) の父は
このヨモギ風呂でずいぶんと身体のこわばり、
冷えが改善しました。

筋肉のこわばり、ふるえなどの症状が良くなったのも、
血行改善、体温上昇により循環が良くなったからだと思います。

※現在の科学では、いまのところパーキンソン病を治すことはできませんが、
やはり血行促進が治療のキーポイントではないかと思っています。

祖父もパーキンソンでしたが、毎日1時間歩き、リンパマッサージを続けることで、進行がずいぶん抑制されていました。

自律神経が壊死していく病気なので、便通を良くする発酵食品、冷えないこと、など、食事の取り方、運動、など毎日のちょっとした心がけで症状が緩和しています。

<おまけはヨモギの香り>

また、ヨモギの香りも同時に楽しめます。
ヨモギの香り(シネオール)は
自律神経を整え、
ホルモンバランスも整います。
(特に女性ホルモン)

韓国では60年も前から民間療法として
ヨモギが使われていたようです。
効果は歴史が証明してくれていますね。

乾燥ヨモギも売られているので、
春だけでなく、美容から治療まで
一年中使えます。

自然の恵みとともに
体を整え心を整え、
美しく加齢していく。

この春はヨモギ風呂、
ためしてみませんか?

参考文献・資料
※1. https://www.e-healthnet.mhlw.go.jp/
※2.パーキンソン病は「中脳」にある「黒質」にあるドーパミン神経細胞が壊れて
ドーパミンが減ることで発症します。ドーパミンは大脳皮質の司令を調節したり、やる気をだしたり、体の動きをスムーズにする役目があります。

手足がふるえたり、歩行時にすくみ足になったり、肩、肘、指の筋肉
硬くなり動かしづらくなり、無表情になったり、また自律神経も弱くなるので、便秘、発汗、冷え、睡眠障害、認知機能の衰え、気力低下などが見られます。

遺伝性は少なく、孤発性と言われています。40歳以下で発症することもあり若年性パーキンソン病と呼んでいます。なお、患者さんの数は10万人に100人~150人くらいですが、60歳以上では10万人に約1,000人と多くなっています( 厚生労働省 平成26年度患者調査)

関連記事

  1. ダブル排毒:「ヨモギ風呂」&「ヨモギ茶」

  2. 半身浴・温冷法:冷え改善vol.2

  3. アーユルヴェーダで冷えを治す:冷え改善 vol.5

  4. 安全な酢リンスにかえました. 効果は高級リンス以上で危険ゼロ…

  5. にきびにはやっぱりこれ!「ビワの葉エキス」

  6. スプーン一杯、朝のごま油で人生が変わる?!食べる、つける、浄…

  1. 2022.09.19

    便秘解消までの道のり(排出・好転反応・維持期)

  2. 2022.09.16

    あれ、また足がつってしまった!

  3. 2022.09.09

    「味噌使い」になろう!体が喜ぶ・家族も喜ぶ(味噌vol.…

  4. 2022.08.22

    「味噌使い」になろう!体が喜ぶ・家族も喜ぶ(味噌vol.…

  5. 2022.08.18

    ヨガの睡眠効果

  1. 2020.05.01

    5月9日はオンラインヨガクラス

  2. 2019.11.26

    心理学・アートセラピーの年末ワークショップ

  3. 2019.10.31

    脳HOW no.6.「睡眠力」

  4. 2019.07.17

    Women’s Life はじまります!

  5. 2019.05.05

    no.5. 脳HOW

  6. 2019.02.04

    第5回 脳HOW 腸=脳=心

  7. 2018.12.22

    「ママのための勉強会 in 東京