体も心も うそ はつかない:言葉をちょっと変えるだけでストレスが減る

今日はひさびさに心理話題です。
私たちの癖には
自分をh知るたくさんのヒントが隠されています。

<ボディーラングエッジはうそをつかない>

心理学では「言葉」ではなく
「行動」に焦点をあてて
その人が何を考え感じているかを
見ていく方法があります。

言葉はカモフラージュできますが、
行動は本心(意識・無意識の両方)がよくでる。

一瞬の目の動き、ちょっとした手のしぐさ、
足の組み方、口の動かし方、

実際の行動の記録をとって
言葉とのずれをみていくと

その人の考えていること、感じていることが
きれいにがうかびあがってきます。

この分野はかなりリサーチがすすんでいます。

元FBIの捜査官だったジョー・ナヴァロ氏によると

立話しをしている時、
足の先が話し相手と違う方向に向いていると
その人は早くここから立ち退きたい、
という心のサインだ、
といいます。

道端でばったりあって、
話が長くなっているとき、
ちょっと相手の足先を見て見るといいですね。
自分のもチェック!?

あ、でも私もいつもこんな風に人を見て、人と接しているかというと、
そうではありません(+_+)
カウンセリングの時だけですー。
あしからず。

<言葉の使い方で心理が分かる>

初めに「言葉はカモフラージュできる」
といいましたが
よく観察してみると、
「言葉」も私たちの本心を語っています。

専門的な訓練が必要ですが
日ごろ何気なく使っている表現、
普段よく使う言葉の癖を
チェックしてみると面白いです。

例えば、

「でも」が多い。
文の終わりに「ネ」をつけることが多い。
「え~と」がやたらと多い。

自分のクセは分かりにくいですね。

もっと分かりやすい例でいうと
「~できない!」
「それは無理~。」

実はこの言葉の深層には
「しない」「したくない」
という心理が隠れています。

「できない=しない」

そんなことないよ。
本当にできないんだって!
という声がたくさん聞こえてきそうですが、

よく考えて見ると実は
本当に「できない」ことって
意外に少ない。

利き手でない方でお箸を使う。
10回しかできないスクワット
今日から始めると来週には50回はできるようになってる。

目が見えなくてもピアノを弾くことでき、
手がなくても絵を描くことができ、
耳が聞こえなくても作曲ができる。

左脳が無くなっても
右脳がそれをカバーし、
言葉を話せる人もいる!

私たちに不可能はないくらい、
思ったことは「できる」
「思った通りになる」力があります。

ただ、情熱が足りなかったり、
しない、したくない気持ちが根底にあり、

それを隠したいので
「できない」という言葉で
ちょっぴりカモフラージュして
意識の抵抗をゆるめている、
それが「できない」という便利な言葉なんですね。

<いい間違えのからくり>

私たちには様々な欲求や願望がありますが、
意識したことがなかったり、また意識するのが怖かったり
それがあまりにも意識に脅威だったりすると
意識の隅に抑圧(suppression)されてしまいます。

押し込んで知らなかったことにするんですね。

でも、抑圧された思い(本心)は表現されたく、
その出口をいつも探しています。

抑圧された気持ちが強ければ強いほど
無意識的に言葉として
「言い間違え」という形をとって表現される現象が起こります。

ただ、言い間違えただけ。
あれ?そんなつもりで言ったんじゃないのに。

と軽くスル―する前に
立ち止まって考えて見ましょう。
なんでこんなこと言ったのかな?と。
言い間違えは無意識からのメッセージ。

抑圧まではいかなくても、
私たちは隠したい本心を言おうとするとき
口ごもったり、つっかえたりします。
(血圧も高くなっているかもしれません。)

20世紀、心理学で最大の発見は
ジグムント・フロイトの無意識の発見だった
と言われています。

彼は「いい間違い、思わず言ってしまう」ことの重要性を見つけ
クライエントの無意識深くにある本音を知ることで
カウンセリングを成功に導きました。
(心理用語ではフロイト的失言=slit of tongue。)

ただ、いい間違いがすべて無意識である、
というとそうでもなく、
脳の言語野の記憶が密接していた場合、
ミスがあるのは多くの研究でも支持されている意見です。

例えばこんなものがあります。

コップ・モップ、トイレ・トレイなど
発音の似ているもの

スプーン・フォーク、ボールペン・えんぴつ、
スクーター・バイクなど同一系統のもの

決めつけないように気を付けないと
ただの「詮索好き」になってしまう危険性があるので
参考までに。

<表現を変えて見るだけでストレスが激減する!?>

「できない」という言葉、
観察してみてください。
私も含め周りの人、英語圏でも
みんな結構使っています。

「できない」といった瞬間、
それらはストレスとなって
心の奥に抑圧されることも多い。

それがたまってくると
今度は身体へと悪影響がでてくることがあります。

そうなる前にストレスを弱めるには
どうしたらいいのでしょう?

実は、それは、とっても簡単。

「できない」と自分が言ったとき、
「~しない」「~したくない」に変えて言ってみるだけで
心に変化があります。

「朝早く起きれない」→「私は朝早く起きない」
「そのワークショップ行きたいけど行けない」→「そのワークショップには行かないと決めた」
「スイーツ食べたいけど今は食べれない」→「スイーツは食べない」

自己責任のもとで決定したものにはストレスを感じません。
自分の状況や他人という外の世界に決定権を渡した時
ストレスとして心にダメージを与えます。

今日から「できない」を「しない」に置き換えてみて下さい。
そして1週間後の心の変化を観察してみてください。

参考文献:FBI捜査官が教える「しぐさ」の心理学 (2012) ジョー ナヴァロ、 マーヴィン カーリンズ 著 河出文庫

関連記事

  1. Women’s Life

  2. たかが頭痛、されど頭痛

  3. 自分の中にもマザーツリーを! ~ヨガと瞑想が子どもたちと社会…

  4. 「味噌使い」になろう!体が喜ぶ・家族も喜ぶ(味噌vol.3)…

  5. 脳HOW no.6.「睡眠力」

  6. 「ママのための勉強会 in 東京

  1. 2022.09.19

    便秘解消までの道のり(排出・好転反応・維持期)

  2. 2022.09.16

    あれ、また足がつってしまった!

  3. 2022.09.09

    「味噌使い」になろう!体が喜ぶ・家族も喜ぶ(味噌vol.…

  4. 2022.08.22

    「味噌使い」になろう!体が喜ぶ・家族も喜ぶ(味噌vol.…

  5. 2022.08.18

    ヨガの睡眠効果

  1. 2020.05.01

    5月9日はオンラインヨガクラス

  2. 2019.11.26

    心理学・アートセラピーの年末ワークショップ

  3. 2019.10.31

    脳HOW no.6.「睡眠力」

  4. 2019.07.17

    Women’s Life はじまります!

  5. 2019.05.05

    no.5. 脳HOW

  6. 2019.02.04

    第5回 脳HOW 腸=脳=心

  7. 2018.12.22

    「ママのための勉強会 in 東京