ウィルスや菌による風邪にかかってしまったら 【風邪の各症状を緩和する自然療法】

新型インフルエンザ、
新型コロナウィルスが大流行している2020年。

感染しないのが一番ですが、
もし感染してしまった場合どうするか。

東洋医学、自然療法の立場から見た
お手当法について解説します。

<眼>

2020年、今回のコロナウィルスに感染すると
初期に結膜炎の症状がみられるケースがあるようです。

https://www.asahi.com/articles/ASN1S5T4CN1RUHBI08D.html

ここでは結膜炎をはじめ眼のトラブルが
起きた時の自然手当(眼の外用)を紹介します。

塩番茶洗眼

 三年番茶(1カップ)に自然塩(小1/2)をいれ、さっと若し、脱脂綿にたっぷりふくませて、目を蒸す。その後、温かいお湯で眼を洗う。眼が赤く充血しているときはオウバク末洗眼↓をする。

オウバク末洗眼

 オウバク末(0.5g)を水(1カップ)によく溶かし、脱脂綿に染み込ませて、患部を洗う。

ごま油の点眼

 塩番茶点眼、またはオウバクマツ洗浄した後に、スポイトなどにいれて、点眼する。

 なお、ごま油は必ずキュアリングすること。
 ごま油のキュアリング法
 

<発熱>

ウィルス性の風邪は
高熱が伴うことが多いですが、

これは、体温を上げることで
ウィスルの増殖と活動を弱めようとする
体の仕組み。

なので
解熱剤で急激に体温を下げることは注意が必要です。

以下、
自然手当でマイルドに確実に熱を下げる方法です。

① 夜の発熱しやすく、38度以上の熱が出た場合(陽性の熱)

・内服:第一大根湯(※1)、りんごのすりおろし、シイタケ茶、おろし和え、水分多く

・外用:豆腐パスターで、とにかく頭を冷やす
    その他リンパ節が集中している脇の下、肘の内側、膝の裏

② 昼間に発熱しやすく、頭より手足が熱い(陰性の熱)

・内服:梅しょう番茶、葛湯、ごま塩番茶、水分多く(白湯、番茶)
・外用:豆腐パスターを額に、キャベツパスターを首の後ろに

<咳>

熱が38度以上あり、咳が激しい時。

レンコン湯:レンコンのしぼり汁を生でのむ。同時に部屋を加湿し、胸を温めるため、生姜湿布(※3)やこんにゃく湿布(※4)を胸に当てる。

咳を止めるにはレンコンの効用を生かす


レンコンには収レン性のあるタンニンという成分が含まれており、気管支粘膜の腫れを改善。

<鼻水>

水分を減らすと治まりやすい。
で体を温め、濃いめのコーレン(※2)の服用

<鼻ずまり>

長ネギの白い部分
  白い部分を数センチに切って、開いて鼻すじにのせる

刻み玉ねぎの汁
  しぼり汁を脱脂綿に含ませ、鼻の穴に詰める

  ネギには動物性蛋白質や脂質を分解・消化する力があり、
  また精油には血行を良くする働きがある。

<発熱後の食事>

少食、粗食、プチ断食
 
 自然治癒力を高めるには
 体内に毒素がたまるものを入れないことが先決です。
 食べ物を食べると必ず活性酸素が発生します。
 体をなるべく汚さない食べ物を選んで、少量、
 または断食していったん体を浄化しましょう。

梅干し、梅干しを黒焼きにした梅干しの黒焼き 、入り玄米でつくった玄米スープなどで腸内環境を整える。
 
 ウィルスは酸と塩に弱く、
 クエン酸と塩の両方を含んでいる梅干しの効果は絶大です。

 玄米スープは玄米クリームを水で伸ばしたもので、
 玄米を炒ってから長時間煮込み、エキスを絞り出したもの。
 病中・病後の回復食としての万能薬膳。
 離乳食としても重宝しました。

葛湯で体内の大掃除 
 
 葛根湯でよく知られている葛は
 体を温める作用と微熱を取る作用の両方を併せ持ち
 体の体温を調節してくれます。
 
 また腸壁に負担をかけないため、
 回復食として理想の食。
 
 葛について → 本葛

つけものなどの発酵食品

 発酵食品の中には腸に細菌を調える菌がたくさん含まれています。
 腸を元気づけることで免疫力が上がり、
 元の気=「元気」が取り戻されます。

※1 第一大根湯
体内の老廃物を発汗で排出させ血液を浄化させる。

材料:大根おろし(大3→山盛り)、生姜すりおろし(小1~2)、醤油(大1)、番茶(アツアツを2カップ)
作り方:大根おろし、しょうがおろし、醤油の順にいれて、アツアツの番茶を注いで混ぜる。熱いうちに飲み干す。
布団をかぶってたくさん汗をかく。汗をかかないときは、もう一度飲む。就園前の子どもには半分の量で。

※2:コーレンはレンコンを乾燥させた粉末。
   しめった痰、慢性化した咳、レンコンがない時に使用。コーレン

※3 生姜湿布 
※4 こんにゃく湿布 

では、みなさんの健康を心から祈って。
今日は自然療法から見たお手当の仕方でした。

関連記事

  1. 呼吸と歩くーウォーキング・プラナヤーマをやってみよう!:冷え…

  2. ヨガの旅

  3. ヨガと食でこむら返りを予防する

  4. 10分の天日干しで抗ウィルス効果絶大 !

  5. 呼吸 も 愛情 も 出す が先. 鎌倉ヨガ では まず …

  6. ウィルス対策~塩番茶うがい

  1. 2022.09.19

    便秘解消までの道のり(排出・好転反応・維持期)

  2. 2022.09.16

    あれ、また足がつってしまった!

  3. 2022.09.09

    「味噌使い」になろう!体が喜ぶ・家族も喜ぶ(味噌vol.…

  4. 2022.08.22

    「味噌使い」になろう!体が喜ぶ・家族も喜ぶ(味噌vol.…

  5. 2022.08.18

    ヨガの睡眠効果

  1. 2020.05.01

    5月9日はオンラインヨガクラス

  2. 2019.11.26

    心理学・アートセラピーの年末ワークショップ

  3. 2019.10.31

    脳HOW no.6.「睡眠力」

  4. 2019.07.17

    Women’s Life はじまります!

  5. 2019.05.05

    no.5. 脳HOW

  6. 2019.02.04

    第5回 脳HOW 腸=脳=心

  7. 2018.12.22

    「ママのための勉強会 in 東京