新型コロナ対策により澄んだ空気を取り戻した地球

今日、4月22日はアースデー(Earth Day)
地球環境について考える日。

1970年にアメリカではじまり、
今年で50周年記念を迎えます。

<地球の日って?>

地球の日、アースデー(Earth Day)は
1970年にアメリカのG・ネルソン議員が
地球のことを考える日として提唱しました。

2009年、国連は正式に記念日として制定、
この日を「国際母なる地球デー」
International Mother Earth Dayと決め
翌2010年から実施しはじめました。

United Nations  - International Mother Earth Day

世界各国で50周年を記念する
自然環境に関するイベント、
講演会やワークショップが開かれています。

今年は新型コロナへの対策のため
オンラインでイベントが開催。
 ↓
アースデイ東京

NASA – earth day at home

Earth Day Organization

過去の記事
地球の日=私の日
も参照ください

<新型コロナ対策により澄んだ空気を取り戻した地球>

新型コロナウィルス感染拡大を止める対策として
各国が実施しているロックダウン(都市封鎖)が
地球環境改善に大きな影響を与えているようです。

ロックダウンにより工場が封鎖され、
交通、運輸が制限された結果、

大気中の汚染物質や温室効果ガス、CO2が急減
といった環境へのプラス効果があったことが
世界中で報告されています。

二酸化窒素による大気汚染は
地球温暖化の大きな要因です。

インド北部では、200キロ近く離れた
ヒマラヤ山脈が数十年ぶりに見晴らせたとのこと。

新型コロナウイルス対策のロックダウン(都市封鎖)によって
全土の大気汚染が大幅に改善した、とCNNが報道。

また、デリーでは微小粒子状物質「PM10」が最大で44%減少。

工場が閉鎖され、道路から車が消え、
空の便も運航を停止したため、
ここ数週間で85都市の大気汚染が劇的に改善。

インドでは全土が外出禁止措置がとられており
罰金や体罰が課され、
外を走ることもできません。

CNN-インド北部から数十年ぶりにヒマラヤ眺望、新型コロナ対策で大気汚染改善

NewsWeek

こちらは中国の大気汚染を比較した
NASA(アメリカ航空宇宙局)と欧州宇宙機関が公開した衛星画像。

画像の質が悪いですね。
綺麗な画像はこちらを見て見て下さい。
https://www.bbc.com/news/world-asia-51691967

左は、新型コロナウイルス対策で
1月下旬から行動制限が実施される前、

右は湖北省武漢などを封鎖した後の状態。

赤色やオレンジ色が大気の汚染が重度のことを示していますが
たった1ヶ月でほとんど消えてしまっています。

インドの衛星画像です。

また、NASAは
アメリカ北東部上空の大気に含まれる
窒素酸化物は30%も減少したことを確認。

NASA Satellite Data

これは工場だけでなく、乗用車やトラックが
街から姿を消したのが大きいようです。

コロンビア大学の研究によると
乗用車やトラックの排出する一酸化炭素排出源となる
一酸化炭素の量が50%減少。

上空の二酸化炭素量は5-10%減り、
メタンも大きく減ったという。

汚染物質の量は通常の3月の半分に満たない、
とのこと。

人間の活動がどれだけ地球環境を悪化させていたか、
新型コロナウィルス対策によって浮き彫りになりました。

これを見合わせ、科学者や環境保護活動家の間では
新型コロナ後の工業生産や経済活動のあり方を根本的に見直し

本格的に地球温暖化を阻止するため行動すべきだ
という声があがっています。

BBC

<私たちがMother Earth – 地球にできること>

地球はもうまったなしの状態です。

vine-art

世界中の一人一人が心がけがとても大きな力になることが
今回のことで証明されました。

では、毎日のくらしで私たちに何ができるのでしょう?

数分だけ時間を取って今、今日、この瞬間から、
地球環境を守るために自分にできることを、
すべきことを考えて見ましょう。

・電気をこまめに消す

・ペットボトルを消費しない

・野菜は皮まで食べて生ごみを減らす

・体を洗うときはシャワーを控え湯船のお湯を使う

・水を流したまま洗い物はしない

・キャンドルナイトの日を作る

・洗剤をエコなものに変えてみる

・自動車をなるべく使わないで歩く、自転車を使う

・ごみの分別(再利用できるもの)をもういちど見直してみる。

・肉なしデーを1か月に1回作ってみる

まだまだ日常レベルでできること、
たくさんあります。

日常で知らない間にしてしまっている
自動的・無意識的行動がたくさんあります。

少しの心がけで地球は変われそうです。

地球を守る=自分と大切な人を守る
命を考える時間、作ってみて下さい。

外出自粛のためカラダの行動範囲は小さいですが
ココロの視野は大きくできます。

人類の精神的なレベルが
アップできる時期なのかもしれません。

みなさんの健康を心から祈って。

関連記事

  1. 格闘してきた菜食生活の日々

  2. 日本のビーガン人口は540万人. 世界から見て多いの?

  3. 週に一食だけベジタリアン!栄養満点の食事を楽しみながら地球温…

  4. 生命力を高める食べ方 – 血液の質を良くするため…

  5. アスパラガスの苦み成分は春のデトックスを促進

  6. 美しさは食卓から。今日の夕食はこれで決まり! :良質の植物性…

  1. 2020.06.04

    ウィルス対策 ~ 夏はやっぱり梅酢うがい!

  2. 2020.05.25

    梅雨を快適に過ごすために乾物を使う [デトックスには切干…

  3. 2020.05.06

    無農薬の紅大根 [浄化作用の強い春の赤い食材]

  4. 2020.05.01

    5月9日はオンラインヨガクラス

  5. 2020.04.28

    アスパラガスの苦み成分は春のデトックスを促進

  1. 2020.05.01

    5月9日はオンラインヨガクラス

  2. 2019.11.26

    心理学・アートセラピーの年末ワークショップ

  3. 2019.10.31

    脳HOW no.6.「睡眠力」

  4. 2019.07.17

    Women’s Life はじまります!

  5. 2019.05.05

    no.5. 脳HOW

  6. 2019.02.04

    第5回 脳HOW 腸=脳=心

  7. 2018.12.22

    「ママのための勉強会 in 東京

2020年6月
« 5月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930