週に一食だけベジタリアン!栄養満点の食事を楽しみながら地球温暖化が食い止められる!? [動物性と植物性たんぱく質の違い]

地球の温暖化、環境異変はもう待ったなしの状態のようです。
現在、絶滅危機に登録された野生動物は2万種にもなりました。

自然はどのくらい破壊され、
地球環境はこれからどうなるのでしょう?
知らないうちに、カウントダウンが始まっています。

私たちの唯一の家、地球。
地球を守るためには一人一人のアクションしかありません。

電気をこまめに切る、
水をだしっぱなしに食器を洗わない、
ペットボトルは買わない、、、、

そこに毎日の食事を加えて下さい。
1週間に1食、肉類を抜いた食事をするだけで
温室効果ガスが減らせる効果があります。

ミートフリーマンデーで地球がすくえる!?
食べて温室効果を食い止める!?

でも、魚肉類なしで
お腹いっぱいになる?
栄養は足りてるの?
心配ですよね。

ちょっとした知識を知ってると、
選択が増え、自由が広がります。

<お肉の代わりになるもの:植物性たんぱく質ってなんだろう?>

たんぱく質は炭水化物、脂質、無機質、
ビタミンと共に5大栄養素の一つ。

役割は大きく分けて3つです。

1.筋肉、血液、内臓、皮膚、爪など私たちの体の基礎を作る

2.体力、体温の保持。

3.成長促進 

たんぱく質が不足すると、

免疫力が落ち、疲れやすくなり、
胃腸障害、月経異常、発達障害などが起こる可能性が高くなります。

逆にたんぱく過剰になると
処理しきれずに体内で有毒な酸となり
体に老廃物としてたまりまじめ
血液が酸化しはじめます。

中和するためミネラル、ビタミン、カルシウムを体からどんどん取っていくので
不足の時と同じですが、内臓に負担がかかり、疲れやすくなり、体力低下、

もう少し老廃物がたまってくると、
肌のトラブル、生理トラブル、

さらにたまると、肥満、血液亢進、心臓病、肝臓病、
腎臓病、ガンや腫瘍といった病気として現れます。、

たんぱく質には大きく分けて
動物性たんぱく質 (動物由来のもの:肉、魚、卵など)
植物性たんぱく質 (植物由来のもの:※、大豆、小麦タンパクなど)

の2種類に分けられます。

どちらもたんぱく質ですが、
違いは体の消化の方法です。

肉類は体を温め貴重なエネルギー源として重宝されてきましたが
脂肪が多く食物繊維が少ないため、
消化に時間がかかり体にたまりやすいのがデメリット。

一方
植物性たんぱく質のメリットは、
吸収率がとてもいいという点です。

植物性たんぱくは動物性に比べ脂質が少なく、
ミネラル、水溶性ビタミンが豊富。

そのため、老廃物がでにくく、
血液を汚しません。

うれしいのは、
必須アミノ酸も完璧に備わっている。
カルシウムに関しては牛肉の60倍といわれています。
脳育を助けるグルタミン酸も多い!

体への負担が少なく、効率よくエネルギーを生産できる、
ということです。

<えらべる植物性たんぱく質>

植物性たんぱく質は精進料理でも良く使われるので
日本人にはなじみの深いものが多いです。

身近に、どんなものがあるのでしょう。

代表的なのは、和食の基本、
豆とその加工品ですね。

豆腐、湯葉、厚揚げ、薄揚げ、
納豆、高野豆腐、、、

最近はインドネシアの発酵大豆食品
テンペもスーパーでみかけるようになりました。
これも美味です。軽い味わいは、特に夏に重宝します。

最近話題になっているグルテン食品の
全粒車麩、麩、生麩、セイタン、コーフーなども
穀物の胚乳から生成されるたんぱく質です。

実は、とうもろこし、高きび、そばの実などの雑穀にも
良質のたんぱく質が含まれています。

そして、ピーナッツや落花生などのナッツ類、
青のりやひじきといった海藻類といったものにも
良質たんぱく質が含まれています。
 
最近、スーパでも見かけるようになりましたが、
豆から植物性たんぱく質を抽出して加工した製品である大豆ミートは、

その使いやすさ、体への負担の低さ、
肉にも劣らない美味しさから注目をあびています。

豚肉スライスに似たもの、手羽に似たもの、ミンチに似たもの、
たくさんの種類がでているので、たくさんアレンジができますね。

長期間の保存がきき、戻すのも時間いらず、下味をつけて冷凍することもでき
忙しい時のお助け食材です。
 
 
 
<植物性たんぱく質で栄養は足りてる?>
 
でも、本当に足りてるのでしょうか?
そう思った方、するどくいい質問だと思います。
 
例えば牛肉や豚肉100gの中たんぱく質は13~18%、
魚は平均20%前後です。

一方、豆類は20%前後、
大豆(乾燥)は35%、高野豆腐はなんと49%、
雑穀には平均10%ほど含まれています。

もっと詳しくはこちらをご覧ください。
ベジタリアン朝食だけで、たんぱく質は約25グラム

豆類のたんぱく質含有量は
畑のお肉、と言われるように、
肉類とほぼ同じ。

その他、
穀物や海藻、種や実類からも
たんぱく質をとることができます。

 

<植物性たんぱく質を日常にとりいれてみる>

 
とはいっても、お肉を減らしてみたいけれど
お肉抜き生活には抵抗ある、という方。

実は植物たんぱくの料理はバラエティーに富んでいます。
そのボリューム感、食感も十分に満足できるものばかりです。
 
例えば、雑穀の高きびやそばの実は炊くと
ひき肉のような食感になります。

ご飯と一緒に炊いたり、
ハンバーグや餃子、
焼売の具としも活躍します。

同じ雑穀でも、ひえは魚の食感と似ています。
炊いて、衣をつけて揚げると、
白身魚のフライのような風味。
 
刻んだ高野豆腐はミンチの代わりとしてよく使います。
そぼろごはん、そぼろあんかけ、ミートスパゲッティー、
バラエティー豊かになる食材。
 
揚げ物の衣に、パン粉の代わりに、アーモンドスライス、
オートミール、バリバリに割ったそうめんをまぶしても美味しいです。
 
私たちの体を作る大切な成分、たんぱく質。
日ごろ肉食が多いけれど減らすのに抵抗がある方や
ベジタリアン料理に興味はあるけれど栄養が気になる方。

まずは週に一度、動物性たんぱく質から植物性たんぱく質にトライしてみて下さい。
そして、まずは1か月、そして3か月、続けてみて下さい。
みんなにこの輪を広げていってください。
食べながら地球の掃除も一緒に!

関連記事

  1. ヨモギ茶で免疫力が高まるのは何故?

  2. 風邪かなと思ったら、細胞をよみがえらせ免疫力をつける命のスー…

  3. 春大根で完全デトックス:デトックス食材vol.1

  4. ヨガのプラナヤマで自律神経からリラックス [便秘no.1]

  5. 体を温めると心も温かくなーる

  6. 小豆カボチャで食後高血糖を下げる

  1. 2021.04.16

    アーユルヴェーダのマッサージ:あなたの体質にあったオイル…

  2. 2021.03.20

    おろしで全身排毒:デトックス食材vol.2

  3. 2021.03.05

    春大根で完全デトックス:デトックス食材vol.1

  4. 2021.02.18

    正しくヨガと排出をしよう:春は心身完全デトックスのチャン…

  5. 2021.02.09

    ショウガを食す×仕上げにヨガで整える:冷え改善 vol.…

  1. 2020.05.01

    5月9日はオンラインヨガクラス

  2. 2019.11.26

    心理学・アートセラピーの年末ワークショップ

  3. 2019.10.31

    脳HOW no.6.「睡眠力」

  4. 2019.07.17

    Women’s Life はじまります!

  5. 2019.05.05

    no.5. 脳HOW

  6. 2019.02.04

    第5回 脳HOW 腸=脳=心

  7. 2018.12.22

    「ママのための勉強会 in 東京